メイジャン:片手棍『No.716』『No.717』

D+15のキュラキュラが完成しました。
実装から約1ヶ月。
平日2時間、週末ガッツリのペースで、このくらいかかりましたね。

NM待ちは、つらいところはありますが
POPした瞬間とか楽しかったなー。
またやろうかな・・・なんて思わなくも・・・。
んーむ、射幸心を煽られてるなー。


というわけで、アビセアンNM討伐です。

No.716はジュノ方面にPOPするUrd
No.717はバス方面にPOPするLamprey Lordが
それぞれ討伐対象ですが
UrdはSkuldと、Lamprey LordはShoggothとセットなんですよね・・・。

自分でシャウトする場合、この2匹の対処も考えないといけないなー
なんて思ってたわけですが、シャウトに乗ってみたところ
答えは簡単、両方倒すと。w
POPさせた人が死ぬなり、エリアチェンジすればやり過ごせるんですが
それはそれで手間がかかりますからね・・・。


片手棍No.716 
アセビアンNM(Urd)を6体

現在過去のバタリア丘陵、ソロムグ原野、ロランベリー耕地にPOP。
POPさせるには変色のジェイドが必要です。

変色ジェイドについては、シャウトに乗る分にはなくても問題ありませんが
みんな色が変わって使えなくなる可能性があるにはあるので所持推奨ですね。
状況が見れないと、それはそれで暇ですし。

戦力は、最大12人(ナ青赤侍5白4)、最小(侍4白4)。
人数がいれば、正直なところ作戦は必要ありません。
(シャウト主が外人さんで、その辺の指示がなかっただけ・・・)
パワープレイでどうにかなってしまいました。
ただ後衛は向いている方向と距離に注意。範囲攻撃に巻き込まれます。

問題は人数が少ない場合。
いろいろな所で書かれてるのを見ますが
Urdがトランスを使ってきたら離れるのは有効かと。
ゼファーアロー → レーテアロー → サイクロニックターモイル → サイクロニックトレント
と順番に使ってきますが
サイクロニックターモイル,サイクロニックトレントをやり過ごせるだけでも
かなり被ダメ軽減になりますね。

あとポイントはディスペル。
Urdは強化のかけ直しを頻繁に行ってくれるので
時間稼ぎの意味合いも含めて重要かと。
最小人数でやっている時は、サポ学黒グリ補遺でディスペルしていました。
現状、メイジャン武器目的で戦う関係上、
赤魔が居なく、白魔ばかりになってる可能性が高いですからね。


正直なところ、変わりにPOPする可能性があるSkuldの方が数倍やっかいでした。
パライガ、スロウガ、グラビガ、バインガ・・・
そして、連続魔・・・。
エスナで回復だーとか、そうゆうレベルじゃありませんでした。
Urdと同じく連続魔を見たら逃げるのが有効そうです。
グラビ、バインがあるので、なかなか思ったようにいかないところはありますが。



片手棍No.716 
アセビアンNM(Lamprey Lord)を6体

八目鰻ー。

現在過去のパシュハウ沼、北グスタベルグにPOP。
POPさせるには変色のジェイドが必要です。

戦力は、最大18人(青2侍5モ2シ1召1黒1白6)、最小11(青1侍2モ2シ1黒1白4)。

No.715と同じくパワープレイで押せるんですが
安定性を考えるとスタンの有無が大きいです。
慣れた後半は、ほぼ封殺できていました。
これはLamprey Lordの代わりにPOPする可能性のあるShoggothと
両方にいえることなので、スタン要員の確保が1つのポイント。

白魔的な動きを言うと
主な削りが前衛中心で、白魔が1PTに複数いる場合なら、
ミゼリをした状態で近づいてしまってOKかと。
アシッドミストを止めきれなかった場合に
攻撃力ダウンをエスナで消せますし、
麻痺にもなりますが、発動率は低く目な感じ。
ダメージも、ボーナス付ケアルラでリカバリできます。

人数が少ないなら、大人しく離れた方が良さそうではあるのですが
アシッドにヘイトリセットがあるらしく離れていれば離れていたで・・・
八目鰻まっしぐらトリプルアタック。運が悪いとブラポン付みたいな。
一番、戦闘不能回数の多かった白タルさんの死因は、たぶんこれじゃないかな~。


Shoggothは、凶眼とペトロアイズを連発してくる上にスリプガ、精霊ガ系。
やっかいなこと、この上ありません。
白魔的ポイントは、要服毒、後衛はしっかり距離を取ること、
後ろを向いて視線を合わせないこと。
それと青魔などスタン役を優先して迅速な回復(パラナ、ストナ)。
ストナ、ストナ、パラナ、ストナ、パラナ、パラナみたいに
追われることになりますが、最低限これだけは守りたい所。



土曜日にUrd,日曜日にLamprey Lordとツアーに参加しまして
SkuldとShoggothも併せて24匹討伐しました。
拘束時間は、だいたい4~5時間。
いっぺんにやろうとすると半日はかかった模様です。


バタリアの海岸にいるGoblin Bounty Hunterで
試し切り(殴り)をしてみた所、
一刀、殴り装備、WS着替えなしで
Arsheleは、ヘキサストライクを実行。
→Goblin Bounty Hunterに、1181ダメージ。

二刀(サブ:ぺ棍)、WS着替えありで
Arsheleは、ヘキサストライクを実行。
→Goblin Bounty Hunterに、1494ダメージ。

んー、すごい。
これでまだ強化の余地があるんだZE・・・。
[PR]
by A_she | 2010-04-19 21:59 | FF11


<< メイジャン:両手棍『No.79... メイジャン:片手棍『No.715』 >>