白魔の戦闘は変わった。

白魔の戦闘は変わった。

アートマで強化された白魔たちは、無尽蔵のMPを持ち、
高位ケアルで回復をし続ける。
豊富なテンポラリアイテムが彼らの能力を助長する。
そして時にNMのタゲを取り、維持することも可能にした。

白魔の戦闘は変わった。



中途半端な改変を書いてみたりする。
というわけで、身内でのアビセア活動の話。

週末を中心に、アビセアでアイテムや各種トリガー取りを
2人の少人数や1PT以上~3PT未満のアラで進めております。

人が少ないと弱点を全て網羅するのは難しいですが
いろいろな情報のおかげでフルアラを揃えなくても、
どーにかなることが分かったのは大きいですね。

それらの要因の1つがリフレアートマによるMP供給。
白魔最大の弱点であった持久力が補われると
ここまで違った存在になるものかと。
昔、白魔の調整は難易度に関わってくる~みたいな
インタビュー記事がありましたが、
いまなら、確かにねーと思えるところがあります。

上に可能にした~なんて書いた
白魔によるNM維持に関しては、もちろん一部のNMの話。
攻撃間隔が長目で、単一属性(光闇以外)で攻撃をしてくる奴になっちゃいますね。
今回戦ったAブンカールの魚NM「Hrosshvalur」なんかがそれ。
遠隔扱いでノックバック効果のあるアクアボールが非常にやっかいです。
壁を背にしても、角度によっては斜めにノックバックしてしまうし
序盤は近づいてくれない上に連発してくるので前衛は、
なかなか殴りヘイトが稼ぎにくい模様です。
その点、白魔が回復(ケアル4)&蓄積ホーリーでヘイトを稼ぐ分には
距離は関係ないですし、維持をするだけなら問題ありません。
(曲がり角にある窪みにスッポリ収まってるのが前提の話)
ただリフレを得るための邪気のアートマなどで敵対心-もぱないので
他のメンバーが殴れば、あっという間に剥がれます。
あくまでも弱点を突くまでの維持であり、固定ではない感じですねー。

流れで維持することになって白魔なめんなーっと、テンションが上がってましたが
これが白魔のお仕事なのかーっと、その有様に自問自答ががが。w

同じようなNMを上げるとAタロンギの真竜「Cuelebre」なんかが該当するみたいです。
「Hrosshvalur」同様に白ソロしたみたいな話があるんですから凄い。
なかなかマネをしようとは思えませんがー。w
[PR]
by A_she | 2010-11-01 20:06 | FF11


<< 遅ればせながら WHMストライクカスタム >>