PM『決別の前』,『武士道とは』,『古代の園』+α
前回の日記に書いた通り
PM『決別の前』,『武士道とは』の詳細と
その後の『古代の園』について書こうと思います.





・準備編
 今,振り返ってみると,1/30か1/31に
 Oさんとの話しの切り出しは
 「Oさん,決別の前どうします?」か
 「Oさん,決別の前どうしました?」だった気がします.
 つまり,「決別の前」がメイン.
 しかし,その後の2/1の日記には
 
 2/4の13時くらいから
 PM『決別の前』のNM3連戦+『武士道とは』
 をやるつもりです.
 
 と,『武士道とは』もやるき満々に.
 
 おそらく……

 ①『決別の前』をやりましょう.
  でも,メンバーを集めないと.
 ②『決別の前』だけだとメンバーが集まらないかも
  『武士道とは』も一緒にやれば集まるかも.
 ③『武士道とは』もやるなら,構成を考えないと.
  (↑ここで,優先順位が逆転)
 ④アタッカージョブに募集が限定されるので
  窓口を広げる為に『武士道とは』に挑戦したいけれど
  『決別の前』がまだという人にも来て貰えるよう
  募集をかけよう.
 
 という,思考の変化だったのかな…….
 自分を騙すほど,簡単なことはないですね.(違


 そして,2/3開催日前日にメンバー集め開始.
 とはいえ,
 アタッカージョブ4人募集というのは敷居が高いので,
 裏LSで一緒にPTを組んでいるBさんとRさんにお手伝いを
 頼みました.これで私とOさんを含め4人.
 
 残りの2人を集めるべく,
 ミッションカテゴリのサチコを書き,
 ジュノの各層で,数回シャウト.
 この時点で集まる必要はなし,開催を知らせる為のシャウトです.
 予想に反することなく,反応はなし.
 サチコを見る人がいるかと期待しつつログインしたまま就寝.
 
 翌日,部屋の火災報知機の点検作業などの対応をしつつ
 時間は10時半.これまでに入ってきたTellは無し.
 11時になったら,シャウトを始めようかと思っていた所に
 前回の『畏れよ』で御一緒させて貰ったPさんからTell.
 その直後に,Fさんから参加のTellを頂きました.
 2人共に,サチコを確認してのTellだったようですね.
 ちなみに,『決別の前』は2人共クリアー済みでした.
 
 前日と寝ている最中のサチコには,あまり意味がなかったかも
 しれませんが,サチコの有無はやはり大きいですね.
 私もよく確認していますし,見ている人は見てるんでしょうね.


・『決別の前』
 『決別の前』でのジョブ構成は,
 忍:Bさん,侍:Oさん,侍:Fさん
 黒:Rさん,黒:Pさん,白:私.
 
 NM戦とはいえ,通常戦闘なので
 Bさんにはモや侍ではなく忍者をやって貰うことに.
 私は,単独でテレポとエスケが使えるように白/黒で.

 ①ギルド桟橋 トンベリ戦
  まずは,ジュノからチョコボを使ってギルド桟橋へ.
  そうそう,ギルド桟橋は,ビビキー湾と同じく
  チョコボの乗り入れ可能なんですね…….
  いままで徒歩でしか入ったことがなかったので
  入り口前で降りてしまい,
  他のメンバーをお待たせしてしまいました…….
  
  このトンベリ戦で,守らないといけないルールは
  BOSSから倒すこと.
  BOSSが出現した後にPOPする雑魚を先に倒すと
  即死級の微塵が飛んで来るそうです.
  作戦としては,雑魚は印付きスリプガで寝かし
  BOSSを優先して倒す.それだけです.
  
  準備が完了し戦闘開始.
  この戦闘で想定外だった出来事は2つ.
  ひとつは,
  BOSSトンベリがPOPした後,
  雑魚トンベリがPOPするまでに少しだけ時間があります.
  Rさんが,最初のスリプガ役だったのですが
  雑魚がPOPする前にスリプガⅡをしてしまいました.
  
  ふたつ目は,
  雑魚トンベリの召喚したエレが光エレだったこと.
  光属性じゃ対応バ系ないですよ…….
  
  そんな想定外のことがあっても
  雑魚トンベリの寝かせは,
  Pさんが印付きスリプガⅡで対処.
  光エレのアストラルフロウは,
  777(忍Bさん)~53(白私)のダメージで
  削られはしましたが,窮地に陥ることはありませんでした.
  雑魚トンベリは,みんな名前が一緒でジョブが
  分かり辛いのですが,
  判別が付けば最後に残しておいた方がより安全かもしれません.

 ②ビビキー湾 タコ戦
  ギルド桟橋から,テレポメアしチョコボでビビキー湾へ.
  
  戦うタコNM.特徴は
  2hアビのエフェクトと共に攻撃回数が
  増えてくということらしいのですが……
  半ば対Tennzen戦用に組まれたPTの前には
  2~3回,エフェクトが見えた時には終了.
  なんの問題もありませんでした.

 ③ミザレオ海岸 ブガード戦
  参加メンバー全員が,バルドニアとタブナジアのOPを
  利用することができたので,
  ビビキー湾から,テレポヴァズしOPで各国へ,そして
  各自タブナジアへ.
  
  ブガードのNMは,HPが多いこと以外は
  特に特徴を感じることなく,普通に終了.
  
 その後,「決別の前」が終わっていない私とOさんは
 テレポルテ>コロスケ>バスと移動し,イベントを
 進めて,テレポヴァズ>OPテレポでダブナジアへ.
 その間に他のメンバーには,
 海獅子の巣窟へ移動して貰いました.


・『武士道とは』
 『武士道とは』に臨むにあたり,若干構成変更.
 忍者だったBさんがモンクになり
 
 モ:Bさん,侍:Oさん,侍:Fさん
 黒:Rさん,黒:Pさん,白:私.

 という構成に.
 当初は私も白ではなく赤で連続魔スタンないし
 連続魔サンダーⅢをするつもりで
 前日に練習もしておいたのですが,
 Tenzenの明鏡止水で大ダメージを負う可能性がある
 ということで,白/召でサポートに徹することに.
 
 私はプロシェルの他,真空の鎧をしてBFへ.

 Bさんのためる×5(?)気孔弾で開戦.
 夢想,百烈.夢想,夢想,夢想
 サンダガⅢ×2,サンダーⅣ×2,ブリザガⅢ×2,ブリザドⅣ.
 雪風,月光,明鏡止水,花車,花車,雪風,月光.
 ケアルⅢ,ケアルⅤ,ケアルⅣ,ケアルⅤ.

 勝利っ

 クリアタイム:3分54秒
 
 ベストタイムの2分52秒には届きませんでしたが,
 十分に早いタイムで決着がつきました.
  
 被ダメージを見てみると,
 明鏡止水を始めに入れたFさんが一番多く
 
 Fさん,1495ダメージ
 Bさん,684ダメージ
  
 と,回復が必要なダメージを受けていますが
 私が赤で参加し
 連続魔スタン or サンダーⅢをしていても結果は
 それほど変わっていかなったかもしれませんね.


そして,ついにアル・タユ上陸です.

いままでのヴァナ・ディールとは,
あまりに異質で幻想的な風景.
そして,目の前を行き交う金魚とイカの群れには,
少し困惑してしまいましたが
一歩を踏み出します.


BさんとRさんに
「次の『古代の園』は
シャウトしても人が集まり難いから進めてしまう.」と
アドバイスを貰ったので
そのままのメンバーで進めることに.

・『古代の園』
 『古代の園』は,
 フ・ゾイの王宮の『Crystalline Field』 H-11 を調べた後,
 西:D-10,南:H-13,東:L-10の3箇所にある
 「Rubious Crystal」を調べるとPOPするNM3体を倒して
 再度「Rubious Crystal」を調べる.

 D-10は,暗黒,狩人,赤タイプ 
 H-13は,侍,戦士,白タイプ
 L-10は,モンク,ナイト,黒タイプ

 それぞれ,スリプルが効きますし苦戦はしませんでしたが
 モンクタイプの百烈拳と忍者盾は相性が悪いので
 裏の常套手段である寝かせでやり過ごしました.
 
 白の私的に辛かったのは,
 アル・タユの敵については,全く知識がなく
 状態異常が分からなかったこと.
 白の武器は,自分の知識に依存するところなので
 はじめての敵に対しては弱いです…….

 道中,エイやクラゲに絡まれることはありましたが
 倒したり,逃げたりしながら
 無事に3箇所回りきり,
 便利アイテム,タブナジアリングを貰い
 『古代の園』終了です.


さて,今回は『決別の前』から
『武士道とは』,『古代の園』とクリアーしたわけですが
トータルで3時間半くらいで終わったでしょうか.
1時から始まり,4時半くらいに終了.

お手伝いさんには,『武士道とは』で
はっちゃけてもらうくらいしか旨み(?)が無いのが
申し訳ないところ…….
戦闘自体は順調だったこともあり
ミッションのボリュームを考えると,
比較的短く終わったのかな.


最後は,アットワENMの猛進転進で〆て終了.
なんとも密度の濃い午後を過ごした気がします.


次のミッションは,『選ばれし死』.
NPC護衛ミッションです.
BOSSもいますがBCではないので構成は選ばずに,
人数の確保が必要なパワープレイ型のミッションです.
まだ済んでいない人がいるとはいえ
旬を過ぎたミッションを進めるにあたって
人数を確保することは構成を選ぶことより
難しいかもしれませんね…….

また週末土曜日に開催予定.
ミッションの内容だけではなく
地図を取るためにNPCの場所も把握しておく必要もあるので
また情報集めに奔走しようかと思います.
[PR]
by A_she | 2006-02-06 22:55 | PM


<< PM『選ばれし死』準備編 『海で会いましょう』 >>