『D』は『Drop』の『D』
新アイテムの一覧を眺めていたら,
『エーテルD』と『ハイエーテルD』の文字が.

ナイトのレベル上げをする時に
エーテルのスタックバージョンがあれば,
たとえ連続使用不可のアイテムでも,
MPのやり繰りの足しになるかな.と考えていたので
実装されればいいなと思っていたんですよね.

少し考えてみましょう.

①性能
 普通のエーテルの回復量は,20.
 エーテルDは,ポーションD,ハイポーションDの
 回復量から推測すると+10(ハイポーションDならば
 回復量が100>110に増えている.)されて,30.
 ハイエーテルDも同様に考えると,回復量は60.

 ナイトがメインで使用する魔法は,
 ケアルとフラッシュになるので,それぞれの消費MPは
 フラッシュ:25(Lv37~)
 ケアル1:8(Lv5~),ケアル2:24(Lv17~),
 ケアル3:46(Lv30~),ケアル4:88(Lv55~)
 となり,
 盾として,機能し始めるLv30後半あたりから
 MPがきつくなるタイミングでハイエーテルDを使用すれば,
 フラッシュ:1回,ケアル3:1回(orケアル2×2)分位の
 MPを確保できることになります.
 もともと最大MP量の多いジョブではありませんし
 オートリフレ,ジュースorリフレシュの効果を合わせれば
 十分な量が確保できるような気がします.

 一番の問題は,使用時間と再使用時間の2つが
 ハイポーションDなどと同等であるかどうか…….

③費用
 エーテル,ハイエーテルの材料は,それぞれ下記の通り.

 エーテル:
 水クリスタル
 乾燥マージョラム + 木霊の根 +コウモリの翼×2 + 蒸留水

 ハイエーテル:
 水クリスタル
 乾燥マージョラム×2 + 木霊の根 +コウモリの翼×4 + 蒸留水

 エーテルD,ハイエーテルDは,合成に炎クリを使うだけで
 基本的な変更は無いと信じたいです.
 これらの材料の中では,
 木霊の根が,少し手に入り辛い部類に入るとは思いますが
 タブナジアのトレント群集エリアがあるので
 材料調達については,容易ではありませんが
 困難ではない感じがします.

 1時間に最大使用量12個だとして,
 自給自足で行わず,競売で材料を仕入れたら
 ん~,1万Gくらいかかってしまうのかな…….
 対費用としては,割高.

③錬金術
 メインに使用していくとなると,回復量的に
 エーテルDではなく,ハイエーテルDが欲しい所.
 
 まず大前提として,特殊合成のコンカクションは必要.
 これを取得するのに,ギルドポイント2万.
 これについては,気長に貯めて行くしかありませんね.

 問題はスキル.
 ノーマルとDでのスキル差はないようですが,
 ハイエーテルの上限スキルは69.
 Dの良い所の一つとして,HQになると数が増えます.
 そうすると……+11か,+31を確保したい所で,

 69+39=100

 ふむ~…出来れば自分(Arshele)では,
 錬金を極めたくはなかったんですよね…….
 そうすると,1から倉庫キャラを育てる?
 

思いつく限りで,書き連ねてみましたが
全体的に,かける労力が大きいので
若干,微妙な感じですかね~.
いい手段だとは思ったんだけどな~.
[PR]
by A_she | 2006-04-20 21:04 | FF11


<< HPなんか増えてない。orz バージョンUP 4/18 >>