One Hundred Merit Point

これまでに上げたメリットポイントカテゴリを
確認したところ,
現在までに消費したポイントが101ポイント.

100メリットポイント達成ですっ.

自分でも飽きもせず良くやったな~と思います.
メリポ稼ぎの場所は,下記のような割合かな?

ウルガラン山脈:40%
ランペールの墓:20%
アトルガンエリア:20%
空:10%
各ENM:4%
空LS活動:3%
メインLS活動:2%
ソロ:1%

※記録しているわけではないので
 本当にイメージです.

メリポのメッカだった墓や空でのメリポは
山脈と比較すると回数が少なかったりします.
アトルガン実装前でこそ,
山脈もメジャーな狩り場になりましたが
墓や空で,100チェーンみたいな話が
飛び交っていた頃は,どちらも混み混みで,
山脈へ危険を承知で逃げるケースが
多かったんですよね.
その分,ドロップアイテムウマーした印象があります.

メリポのカテゴリの内訳は,こんな感じ.

ケアル詠唱短縮:15P(5段階)
属性耐性魔法効果:15P(5段階)
最大MP値+:30P(8段階)
片手剣スキル:9P(4段階)
回避スキル:6P(3段階)
弱体魔法スキル:6P(3段階)
クリティカルヒット率:10P(4段階)
被クリティカルヒット率:10P(4段階)
------------------------------
合計:101P

メリポの振り方としては,
白魔専用のカテゴリをメインにして他は,
前後衛どっちつかずの内容です.
後衛を能力を上げたいけど,盾ジョブもやりたい,
ソロの戦闘能力を上げたい.と
いいとこ取りをした結果かもしれませんね.

『最大MP値+』は後衛としては最重要といっても
いいファクターですし,
『ケアル詠唱短縮』と『属性耐性魔法効果』は
言わずと知れた白魔のジョブ専用カテゴリ.
これらの選択については,
自分のプレイスタイルに合っていると思うので
今でも自信が持っています.

『片手剣スキル』は,現在の赤ソロ用と,
今後のナイト上げの為に上げています.
段階的に上げながら,ソロで戦闘をしていますが
数値に残してないので,
あんまり変化が感じられなーいっというのが実感.
とりあえず現在進行中のカテゴリで,残り12Pっ.

『回避スキル』は,ソロ用と考えて上げたのですが
白魔や赤魔じゃ,楽相手にも回避しなーい.
たぶん,ナイトでも回避しなーい.
正直な所,意味があったのか,
なかったのか分かりません.
でも,他の防御スキルを上げても,同様の影響しか
無さそうなので,これはこれで良いのかな.
@1段階残っているのが,気持ち悪いので
上げてしまいたい所です.

『弱体魔法スキル』は,Lv65から赤魔の
レベル上げを再開した時の名残だったりします.
赤魔での行動回数が増えているし,
MAXまで上げても良さそうですが,
『強化魔法スキル』にも興味があったりするので
とりあえずは,据え置きですね.

『クリティカルヒット率』,『被クリティカルヒット率』は
ソロ用のほか,
裏などで攻撃を受けた時の為に上げてみました.
少し前の日記にも書きましたが
同じパーセンテージ上げた状態でも,
『クリティカルヒット率』は,上がった感じがせず
『被クリティカルヒット率』は,ほとんど受けなくなった
という感じがします.
『クリティカルヒット率』は,もともとクリティカルを
与え易い忍者などのジョブが,その底上げの為に
振るものなのかもしれません.
白魔を中心に考えれば,『敵対心-』が一番だった
と思うので,そこは後ろ髪を引かれる思いです.

今後,上げたいカテゴリは,
『片手剣スキル』4段階,12Pと
『回避スキル』1段階,3Pの計15P.
今,未使用分が4Pあるので,残り11P.

遥か彼方の話だと思っていましたが
たいぶ先が見えてきましたよっ.
[PR]
by A_she | 2006-05-16 17:19 | FF11


<< ラミア13号 VS Falle... 2年目のデビュー戦 >>