走らなければ,絶対に勝てない.

日本‐オーストラリア戦

FF以外のことは
あまり書く方針ではなかったのですが
がんばれっと書いたので
そのまま戦評のまねごとでも書いてみようかと思います.
ビデオを取って再度確認しているわけではないので
微妙なところはご容赦を.


前半は上々でした.
キューウェル、ヴィドゥカとオーストラリアの中心選手に
ゴールを脅かされるものの,
日本のDF陣の的確な守備,川口の好セーブによって無失点.
中村のラッキーな先制点で,大きなアドヴァンテージを
持って前半を折りかえします.
そして,後半.
ゆっくりした立ち上がりで始まり
ヒディング監督が動きます.
長身FWのケネディを入れ,
ロングボールを入れてくる作戦に.
この時点からの,日本の状況は,
前半からの厳しいチェックで,
中村がボールをキープ,ボールコントロールも出来ない状態.
ボランチである中田が,前がかりになった結果
ディフェンスラインと中盤の間が空いてしまい
セカンドボールを全く拾えない状態.
疲労が溜まったFWの高原と柳沢は,ロングボールの出所に
プレスさえ掛けない始末.
これが時間経過と共に,如実に表れてきます.

結果論ではありますが
おのずと結果は見えてたところでしょうか.

あとは,
ロングボールを入れられる.
→なんとかクリアー.
→セカンドボールを拾われる.
→ロングボールを入れられる.
の繰り返しです.

オーストラリアの交代選手が,
いい動きをしているのに対しいて,
日本は疲労の見える選手を交代せずに,
攻撃する為なのか,守備をする為なのか判断し難い選手交代.
ジーコの采配は全く持って不可解でした.
監督の采配対決についても,完敗だったと思います.


残念ながら,
昨日,目指すべきと書いたメキシコのサッカーには
まったく逆のサッカーとなってしまいました.
イランがもし勝っていたら,
今回の日本戦のような結果になっていたでしょう.
守備陣が,がんばっていただけに悔しい結果です.


日本は,残りの2戦勝つしかなくなりました.
クロアチア,ブラジルと強豪が相手ですが
なんとか,意地を見せて貰いたいものです.
[PR]
by A_she | 2006-06-13 03:15 | その他


<< FF11専用バトン LV36:からくり士のいるパーティ >>