可能性は0じゃないっ
帰途につくサポーター達の流れの中,
ふと,いままで試合が映し出されていたスクリーンを振り返ると
同じように,いままで試合が行われていたフィールドを
振り返り見つめる宮本選手の姿が映し出されていた.

それは,この試合の結果を象徴した光景に見えた.



日本-クロアチア戦

初戦,黒星スタートとなった両国ではありますが,
ブラジル相手に一失点だったクロアチアに対し,
日本は手痛い逆転負け…….
調子としては,クロアチアに分があるかと思っていましたが
日本の調子は,決して悪くはありませんでした.

決して悪くなかったなかで,良かったのは
中盤と,両サイドバックの動き.
中田は,守備をしつつ,チャンスには精度の高いミドルシュート.
(撃った本数と,枠内に飛んだ数は,チーム1?)
攻撃面では,中田の悪い癖か要求の
中村は,フリーキックを屈んだサントスのお尻で
クリアーされるなどの不運はありましたが,
起点となり,チャンスを演出する場面がいくつかありましたし
積極的に守備にも貢献しているように見えました.
怪我から復帰した加持は,
サイドをかけ上がり好気を演出しました.
久々に出場した稲本も,守備の面はでブランクを感じさせない
良い動きをしていたと思います.

しかし,そんな中で酷かったのは,
言わずと知れたFW陣と,DFの宮本.
高原も柳沢も,プレスを掛けていましたし,
守備に参加する場面もあり,その点だけでいえば評価できます.
でも,FWは点を取ってなんぼ.
柳沢は,インサイドキックで流し込めば,それで終わりのボールを
みごとにミスキック.
交代で出てきた玉田も,完全にミスキック.
大黒については,出場時間が短く可哀想ではあるのですが
高原と同じく,存在感を示すことはありませんでした.
そして……宮本.
序盤のPKを与えてしまったファール.その後も続いた単純なミス.
頂けないプレイが続きました.

川口の神がかったセーブで,無失点で凌いだものの
散々言われている決定力の無さで,台無しにしてしまいました.

さて,次の試合.
ブラジルに大勝しなければならないという
非常に厳しい状況になっていますが……
WBCの日本代表もこれと同じような厳しい状況から
世界一になったわけですし
いまは,いまは次の試合に可能性が残ったことを喜びたいっ.
[PR]
by A_she | 2006-06-19 19:47 | その他


<< Lv43:PLD/NIN Lv41:ヘイト調節初心者マーク >>