ふと考える.
今週は,サーチしてみてもパーティを組める感じではなく
希望を出しても特にお声がかかる事もない1週間でした.
これまでが,非常に順調に進んでいたので
こんな時もあるよね。っと,割り切りっていたのですが
ある記事を読んで,なんとなく思ったことを書いてみます。

その記事の中にあったのは,
ヴァナにある「ルール」が「常識」や「マナー」になり,
プレイヤーの気軽に楽しむことや,試行錯誤する楽しさを
失わせているんじゃないか?
ということでした.

基本的には,それぞれのケースに,
それに関わるそれぞれのプレイヤーのスタンスが
大きく影響することで,
一概に答えを出せる問題ではないかなと思います.
そして,いままでの経験から
全ての面で,気軽に楽しむことや,試行錯誤する楽しさを
失っているとは思いません.
ですが,一部の面において,
確かに「常識」や「マナー」と呼ばれるものが
プレイヤーを縛り付けていると感じることはあります.

昨日の夜.
パーティ希望者をサーチしてみたところ,
ナイトの私以外で希望を出していたのは青白黒詩詩.
ナ青白黒詩詩でも良かっただろうし
ナ青白黒詩の5人パーティで
格下相手でもやろうと思えば出来たはず.
でも,通常構成とは離れたものになってしまうので
パーティは組まないでログアウトしました.
つまり,これは私が「セオリー」という「常識」に
捕らわれてしまった結果かな……と思った次第です.
[PR]
by A_she | 2006-06-30 21:06 | FF11


<< Lv45:PLD/NIN2 なりきりクエスト:剣に磨きをか... >>