お手伝い

ちょっと前,先週か先々週末のお話し.

南サンドの宅配からアイテムを送っていると
英語で……
「ナイト取得クエを手伝ってくれないか?」
というように読み取れるTellが.

丁度,その時の私のジョブはナイト.
むむ……ここは断る訳にはいかないな.
と思ったのですが,
ナイト取得クエというと,
やることが多く,それを事細かに英語で伝えるのは
正直自信がありませんでした.
そこで……
「【ダボイ】?」
と聞いて見ると,肯定するような意味の返事が返ってきます.
たぶん井戸の所なんだろうな.とあたりをつけて
手伝うことに.
Lv30のエル♂モンクさんでした.

ナイト取得クエの最後というと,
ダボイの中央島横を抜けて,井戸の所まで行き
たいじなものを取ってくるのが目的です.

実装当初は,アラを組んで屍を超えて行けくらいの
凄いクエストだったらしいですね…….
PC組の私が,このクエに挑戦した時には
インスニも,パウダー&オイルがあったので
少人数でもクリアーすることが出来ましたが,
それでも,Lv30とまだまだ経験不足の私には
当時,最強レベルの敵がウヨウヨしているエリアに
潜入することは,ホントにドキドキものだった記憶があります.

さて,とりあえずナイトのままでは
自分自身も危ないので,白魔にチェンジ.
それでも,中央島のオークには絡まれてしまうので
「【プリズムパウダー】&【サイレントオイル】OK?」
と聞いて見ると,
「No,○■×♪●△」と,
とりあえず,ダメなことは分かりました.
薬品を渡すのも考えたのですが
使い方から説明しないとダメそうに思えたので
『インスニをかけるだけかけて,安全な場所まで走り抜けよう』作戦に決定です.

ダボイに入りインビジをかけてI-8の川の手前まで移動.
それじゃあ,インスニをかけ直して……
っと,ここで気付きました.
手動でインスニを切って下さいって,伝えられない…….
仕方ないので,効果が切れるログが出るのを待ちます.
エルモンクさんは不思議で仕方なかったでしょうね.
こちらがむこうを,むこうがこちらを
それぞれ見失わないように注意して進みます.
そんなことをG-8付近,D-8付近で繰り返して
無事にクエストクリアー.


良くも悪くも,なんの事件もなくクリアー出来たのは良かったのですが
このエルモンクさんは,ナイトにジョブチェンジ出来るようにしただけで
その他のことは何も伝えられなかったかも.
昔話にしても,目的地までの注意点にしても
インスニのことについても.
私が英語を使えないことが最大の問題なわけですが
私のやったことは,ただ高レベルに依存するプレイヤーを作っただけ?
とも考えてしまいます.

お手伝いというのは,いろいろな形があるとは思いますが
今回の場合を考えれば
ただ目的を達成する為ではなくて
その他のことを伝えないといけなかったのではないかな.
それが出来ないのであれば,引き受けるべきではなかったのかな.
[PR]
by A_she | 2006-07-11 19:48 | FF11


<< Lv51:白より白い Lv50-3:ディフェンダー >>