TGSトークセッションの白魔道士

TGSで行われたトークセッションの中で
白魔導士の今後の方針についても語られたようなので
その部分を抜粋して,ちょろっと感想をば.


松井氏:
 白魔道士は回復役のエキスパートとして
 すごくわかりやすいジョブです。
 全体に回復のジョブは少ないので、
 サポートジョブに白魔道士をつけて
 補っていけるように調整してきました。
 その結果サポートジョブの白魔道士に
 対するアドバンテージが少なくなってしまいました。
 今後はメインジョブとしてのアドバンテージを高めて、
 パーティーへの支援効果のあるものなどを加えていきたいです。


ふむ…….
最近,良く言われてる認識ではありますよね.
方針自体,文面をそのまま受けるのであれば,
前向きだし,好印象を受けます.

だけど,

・メインジョブとしてのアドバンテージを高めた上で
 パーティへの支援効果のあるものを追加するのか.

・メインジョブとしてのアドバンテージを高める為に
 パーティへの支援効果のあるものを追加するのか.

微妙に読み切れないのは,
私の読解力不足なんでしょうか?w

前者の場合,これが一番よいですし,
私もこうであって欲しいと思います.
ここで,回復魔法スキルの補正超強化,
ケアルの消費MP量軽減,
といった白魔のお仕事に直接的な修正がされれば
文句がないどころか,■eを崇めてしまいそうな所ですが

まぁ,無いでしょうね.(さめざめ


期待すべきは,前者にも後者にもある
パーティへの支援効果のあるものになってきますが
パーティへの支援効果というと,
能力値UPなどが,ぱっと思いつきますが
そうゆうのは詩人の分野.
別の方向で支援効果で考えられるとすると,
HP-Buf(最大HP量UP)とか,
ヘイト調節とか
そうゆう効果の魔法とかアビですかね~?

でも,こうゆう効果のあるものは戦闘の難易度を
露骨に変えそうなので望み薄な気がしなくもありません.
難しいですねぇ.


ってー・・・侍のジョブ調整発表はやっ.
具体的な感じに話されてただけはありますね.
こちらの方は,いろいろ妄想しつつ気長に待ちます.w
[PR]
by A_she | 2006-09-29 19:12 | FF11


<< 初闇王戦 目に見える変化 >>