秘伝の合成術

裁縫スキル55。
スキル62までは、絹布を裁断してグリーリボン。
そこからスキル69までは、
絹布とカーボンファイバーを併せて絹のヘッドバンド。
という予定。

これから分かるように、
べらぼうな数の絹布(絹糸)が必要になってくるわけです。
絹糸は各地の芋虫から取ることが出来ますが
いかんせん数を集めるにはドロップ率が低いのが難点。

では、どーするか。
調べてみると、ギルドからクロウラーの繭を買って繰糸。
完成品を店売りする方法が赤字を出さずに済む方法とのこと。

ただギルドの販売価格は変動するので、
採算ラインが出てきます。
グリーリボンの場合、店売り価格が
だいたい2000Gとちょっとなので
クロウラーの繭が334G辺りがリミットになるでしょうか。
(クリスタル代は除く)


そんな感じに、ギルド価格が安いのを見計らって
ギルドの軒先で合成作業。
たぶんギルドNPCからは
「あらやだ。またあの冒険者。
 値段を下げた途端、開店から閉店まで居座って絹糸作ってるわ。
 迷惑よね~。」
と忌諱の目で見られてると思います。

ストックしていた絹布と、上記のように作成した絹布を使って
スキル57まで進めることが出来ました。
しかし、新たに問題が発生します。
それはクリスタルの消費が半端じゃないこと。
特に繭から糸を作るのに使う雷クリの消費が激しい。

とはいえ、これは仕方のないことだし
ミザレオ海岸で靴下を取りをしながら雷エレを狩ればいいか~。
と、ちむちむ繭から絹糸を紡いでいたある日。

隣に座ったまっぱの髭ひゅむさんが合成をすると
>髭ひゅむさんは絹糸を3個合成した。
おろ。一度に3つも作ってる。

カリン(フェロー)
「むぅ!!まさかあれはスピニング!!」

アーシェ
「知ってるのかカリンっ」

カリン
「スピニング・・・・・・あれは裁縫ギルド秘伝の合成術。
 繊維をスピンドルで巻き取り、一気に糸を紡ぎ上げる。
 熟練した裁縫士なら一度に複s(ry 」

脳内展開終了。
実際、こう見るまで存在を忘れてました。

交換するのに10000ポイント必要とか
合成素材にスピンドルが必要になるとか
いろいろありますが
クリスタルの消費と,座る回数が1/3になるのは
これからの事を考えると非常に大きい。
(10000ポイントは中スキルの納品なら2回で済みますし
 スピンドルは74ギルとかで安いですし)

そして,後日。
繭が安いのを確認,スピンドルを取得して合成開始。
お~、すごいぞ。スピンドル。
モリモリ絹糸が出来ていくっ。
これなら10000ポイントなんか安いものです。

ガンガン作るよーっ


「あらやだ。またあの冒険者。
 スピンドルまで持ち出して、絹糸作ってるわ。
 迷惑よね~。」

聞こえない,聞こえない。
[PR]
by A_she | 2009-03-12 00:36 | FF11


<< FarfadetRieur二世号 棍を鎌に持ち替えて >>