カテゴリ:Docendo discimus:白魔( 17 )
Docendo discimus:白魔導士 おしながき

Docendo discimusは,なんら目新しいことは書いていません.
主要なデータも探せば見つかるものばかりです.
しかし,私なりに解釈して書いているところもありますので
参考になるかもしれないし,ならないかもしれません.
何か思うところがあれば,意見を下さると幸いです.

01.ストンスキン:計算式,目安など
02.バ系:計算式
03.リジェネ:回復量,比較など
04.魔法防御力 基礎編:シェルの効果と,ジョブ特性
05.魔法防御力 応用編:属性耐性魔法効果など 
06.ヒーリングMP:クリアマインドや装備,ヒーリングマクロについて
07.デヴォーション&マーター:効果と使用感について
08.リキャストについて:その1 
09.魔法防御力実測検証 その1:実測したデータと覚え書き 
10.魔法防御力実測検証 その2:シェルラ5,ブレスドブリオー検証 
11.バ系:強化スキルと効果時間 
12.続・バ系:強化スキルと効果時間 
13.シェルラⅤ段階別カット率について 
14.ヒーラーアタイア 
15.「ハートオブソラス」効果中の属性魔法防御力アップ値 《New》


※ここを項目追加ごとに更新していけば
  カテゴリのリンクから飛んだとき一番上に来るはず。
[PR]
by A_she | 2009-04-10 02:08 | Docendo discimus:白魔
Docendo discimus:「ハートオブソラス」効果中の属性魔法防御力アップ値

2009/4/9のバージョンアップで白魔に大きな梃入れが行われました。
色々検証できることはあるのですが
いままで書いてきた記事の流れにそって

・属性耐性魔法
「ハートオブソラス」の効果中は、対応する属性魔法防御力がさらにアップするようになります。

という点に注目して確認をしてみましょう。


さて、条件ですが、
前に魔法防御の実測検証を行ったのと同じ条件で行いました。

■検証条件
 場所:ル・オンの庭(K-8)
 敵 :Fire Elemental 
    Lv79(とてもつよい相手)
 自 :ヒュムLv75白/黒
    INT 64+8
    耐火  -75 or +45(+45時は魔法防御力+10)
 曜日:火,水曜日以外に実施.
 天候:晴or風

 シェルラⅤ:5段階(27.344%)
 属性耐性魔法効果:5段階(魔法防御+10)


測定項目は、いままでのデータがありますので

①シェルラⅤのみ
②シェルラⅤ+バファイラ(魔法防御+10)
③シェルラⅤ+バファイラ(ソラス)

以上,3項目です.
確認した魔法は、とりあえず時間の関係でファイガⅢのみです。

実測結果はこちら↓

①シェルラⅤのみ:516ダメージ
②シェルラⅤ+バファイラ(魔法防御+10):475ダメージ
③シェルラⅤ+バファイラ(ソラス):457ダメージ

実際の魔法ダメ=(基本魔法ダメ×魔法攻撃力/魔法防御力)×魔法カット率

の式に当てはめて、基本魔法ダメを出して魔法防御力を求めます。

①シェルラⅤのみ
 516=基本魔法ダメ×100/116
 基本魔法ダメ=598.56

②シェルラⅤ+バファイラ(魔法防御+10)
 475=598.56×100/魔法防御力
 魔法防御力=59856/475=126.012→126

③シェルラⅤ+バファイラ(ソラス)
 457=598.56×100/魔法防御力
 魔法防御力=59856/457=130.9759→131


ここから、③シェルラⅤ+バファイラ(ソラス)と
②シェルラⅤ+バファイラ(魔法防御+10)の差が
「ハートオブソラス」効果中の属性魔法防御力アップ値になります。

131-126=5

ということで、
「ハートオブソラス」効果中にバ系を使用すると
魔法防御に+5されるということが分かりました。


FFは積み重ねといいますが
メリポの属性耐性魔法効果なし(魔法防御+10)、
ブレストブリオーの着替えなし(魔法防御+5)
「ハートオブソラス」なし(魔法防御+5)
でバ系を使った時と、限定的とはいえ差が開くようになりましたね~。
[PR]
by A_she | 2009-04-10 02:05 | Docendo discimus:白魔
Docendo discimus:ヒーラーアタイア

ヒーラーアタイア。
言わずと知れた白魔AF一式。

それぞれ、それなりの能力を持っていますが
スキルが大きくブーストされる回復魔法は
さっぱり息をしてないし。
神聖魔法も弱体魔法も、ブースト面では優秀ですが
実はあんまり撃つ機会がなかったり。
敵対心-に関しては、
低レベルではクロウ、高レベルではエラント、ブレスドがあって
いまいち中途半端。

まだそれなりの難易度だった時代のPM「畏れよ、我を」(Lv60制限)では、
装備の最適化を行った結果、バミクロとクロウ装備の組み合わせに
なったりしましたからね~。

ま、状況によりけり必要なものは
変わってくるんですけどね。

そんなこんなで有効性は認めつつも
必要な状況になる数、かばん・倉庫の空き、
マクロの数、切り替える手間などを考慮した上で
落選、預けっぱなしになっていた次第です。


しかし、時代は変わりー

神聖魔法に関しては、リポーズが追加され
将来的にはバニシュとホーリーの調整も話に上がり。

弱体魔法に関しては、サポ学、白グリの調整があり
私的にも、その他装備が充実してきて見直しを図っても
いいタイミング。

マクロに関しては、数が増えたことに合わせて
Book、セット移行マクロが追加され
切り替えがやりやすくなりました。

またブーンが追加されたことにより、
攻撃用装備、WS装備を揃える意義も出てきました。


・・・・・・やっぱり回復魔法スキルが息をしてないっ


と、とりあえず回復スキルは置いておいて
それら色々な条件の変化、改善があって
ヒーラーアタイアの復帰→強化が決定した次第です。

ヒーラーブリオーとヒーラーパンタロンは、
弱体と神聖魔法のスペシャリストとして即マクロ登録。

 ヒーラーブリオー:防40 MP+15 耐風+10 弱体魔法スキル+10 敵対心-4
 HLブリオー+1 :防40 MP+35 弱体魔法スキル+12 敵対心-4 ヒーリングMP+5
        差:MP+20 弱体魔法スキル+2 ヒーリングMP+5 耐風-10

 ヒーラーパンタロン:防28 MP+15 VIT+3 神聖魔法スキル+15 敵対心-1
 HLパンタロン+1 :防28 MP+30 VIT+5 神聖魔法スキル+15 敵対心-2
         差:MP+15 VIT+2 敵対心-1

強化後も基本的なポジションは変わらず。
HLブリオー+1はヒーリング時にも。
通常装備から弱体神聖装備の切り替えは、
かなり最大MP量に差があるのでMP+増は地味に嬉しい所。

現状でも十分使えるこの2つは、強化順では第2グループ。


苺帽子ことヒーラーキャップとヒーラーミトンは、
強化前では、ちょっと力不足。

 ヒーラーキャップ:防21 MP+13 MND+4 耐闇+15 敵対心-1
 HLキャップ+1 :防21 MP+28 MND+7 敵対心-1 ヒーリングMP+1
        差:MP+15 MND+3 ヒーリングMP+1 耐闇-15

 ヒーラーミトン:防14 MP+10 STR+5 回復魔法スキル+15 敵対心-4
 HLミトン+1 :防14 MP+15 STR+7 MND+7 回復魔法スキル+15 敵対心-4
       差:MP+5 STR+2 MND+7

強化後この2つは強烈なステータスブースト装備に。
ヒーラーキャップは、頭装備では最高峰のMND+7。
ヘキサの時はボイジャーなどの方が良いかもしれませんが
MND補正の高いブーンなら、こちら「かも」。
サソリBCソロの白猫さんも使ってる信頼と実績の苺帽子です。
ヒーラーミトンは、ヘキサ、ブーンを撃つ時には
他の追随を許さない性能に。
回復スキルは(ry

強化順第1グループ。


ヒーラーダックビルは、すごく難しい。

 ヒーラーダックビル:防12 MP+10 AGI+3 詠唱中断率20%ダウン
 HLダックビル+1 :防12 MP+15 AGI+5 INT+5 詠唱中断率25%ダウン ヒーリングMP+1
         差:MP+5 AGI+2 INT+5 詠唱中断率ダウン+5% ヒーリングMP+1

目に付くのはヒーリングMP+1ですが、残念ながら既に過去のもの。

INT+5は白の足としては最高峰の性能ですが、
アスピルなどを使用する場合は、ナシラ足やゴリ足の方が……?

唯一生き残れそうな道は、詠唱中断率ダウンの所でしょうか。
実は詠唱中断率25%ダウンという数字は防具ではトップ。
(ナイト用ジョブピアスの潜在:詠唱中断率30%ダウン除く)
これをどう活かすかといった所でしょうか。

詠唱中断率ダウンは、昔は上げても意味無しと言われていましたが
調べてみると、100%まで上げればホントに中断されないという話ですし
最近では,ナイトのアイアンウィル5段階(詠唱中断率ダウン95%)+αで
詠唱中断されることは無いという動画検証も出てましたからね。
決して意味の無いものではないようです。
とはいえ、100%にしなければ中断はさせられてしまう訳で
何処で積み重ねて行くかがポイントになるでしょう。

詠唱中断率ダウン~%が付いている装備は、いくつかありますが
100%にするには防具だけでは足りませんので
アクアベールと併せて効果が発揮できるか?といった所でしょうか。

足装備の他の候補として強化スキルの上がるクレリクダックビルがあります。
強化スキルが直接効果に影響するスキン、ファラ、エンを唱える時は
クレリク足が有力な訳ですが
ソロで普通に詠唱中断させられてしまうレベルの強い敵と
戦っている状況下であれば,
クレリク足の強化スキル+10で得られるメリットよりも有効かもしれません。
(あくまでもアクアベールやメリポなどの詠唱中断ダウンと併用前提ですが)

強化して,いろいろ試したい感じがしますが
強化順位としては最後かな~。



AFを強化する為には,古銭とリンバス素材2種の他に
通常素材が必要になります.
初めて強化したAFは詩人腕だったのですが
詩人AF強化に必要な通常素材は、
頭に金糸、他の部位は有翼獅子のなめし革の2種類.
次に強化したナイトは3種類.

それに対して、白AFの強化に必要な素材は、
頭:エーテルコットン
胴:ホーリーレザー
腕:エーテルレザー
脚:レインボービロード
足:エーテルホリー
以上,5種類.

純粋に1つもかぶらないことにビックリ。
いろいろ設定を考えた上で、こうなったんだと思いますが
頭と脚は一緒でもいい気がするし
胴には革使ってなさそうだし
足は革製品のモカシンベースと考えれば
木の素材は使って無さそうだし
なんか腑に落ちない。

何が言いたいかというと
いざリンバス素材が揃って強化しようとしても
これらの通常素材が手に入らなくて涙目になりそうで
それが怖いー.
[PR]
by A_she | 2009-03-04 19:26 | Docendo discimus:白魔
Docendo discimus:シェルラⅤ段階別カット率について

いまさら感いっぱいですが
今回はシェルラⅤの段階毎のカット率について.

前に1段階のみ確認を行いましたが
それ以後の2~5段階について実測検証です.

検証条件は,前回とほぼ同じ.

■検証条件
 場所:ル・オンの庭(K-8)
 敵 :Fire Elemental 
    Lv79(とてもつよい相手)
 自 :ヒュムLv75白/黒
    INT 64+8
 曜日:火,水曜日以外に実施.
 天候:晴or風

異なる点は,Lv79(とてもつよい相手)のみの実測ということと
魔法防御+のバファイラなどの条件は除外してシェルラのみという点です.
単純にシェルラⅤのカット率を見るだけですしね.

一応,前回と違いが無いか確認する為,
シェル無しの状態と,シェルⅣをかけた状態の実測も行いました.

結果は以下の通り.

e0090613_21361053.jpg























ごちゃごちゃ色々と書いてありますが
一般的に広まっている情報の通り,

1段階目:62/256(24.219%)
2段階目:64/256(25.000%)
3段階目:66/256(25.781%)
4段階目:68/256(26.563%)
5段階目:70/256(27.344%)

という結果になりました.
新しい発見でもあれば面白かったんですが.w


シェルラⅤといえば,
シェルラⅣよりもシェルラⅤを覚えるのは有効だが
2~5段以降にメリポを振るパフォーマンスがあるかどうか?
という点が議論の対象になります.

確かに,シェルラⅣからⅤは2%以上カット率が上がりますが
シェルラⅤの2段階以降の上昇率は0.8%前後であり,最大でも3.2%.
選択が必要になる成長限度の半分を使い
メリポを19ポイント使ってまで5段まで上げる有効性は判断が分かれる所でしょう.

射程距離の短さという問題点はありますが
デヴォは言わずとしれて,マーターのパフォーマンスは高いですしね.

それにプロテアⅤに1つは振っておきたいっ.
という拘りみたいなものを持っている人は多いハズ.

とはいえ,シェルラⅤを5段階まで上げたの話しですし
ちょっとズルいですが限定的な状況例を.

対プロトアルテマ.

私の場合,サポ学で標準的な装備をしてHP1026.
背,腰,脚などにHPを増やす余地はあるので
誰でも普通に到達することの出来るレベル.
というか,HP-15されているし,若干低いくらいかも?
ストンスキンは基本最大値の350カット.

引き寄せをされて,通常攻撃を数発.
タイミングを見計らって回復+電光石火ストンスキン.
そんな状態でシタデルバスター直撃.

4段階まででは生き残れたことはありませんが
5段階に上げてからは残りHP2とかで,
かろうじて生き残ることが出来るように・・・・・・.
とりあえず,その直後に攻撃を貰って戦闘不能になるような
笑い話にはなりませんでした.

天候が乗らなかったのかな?とか
厳密に調べないと詰められない所.
その差で生き残れるんだったら
装備でどーにかなるんじゃね?というのは禁止デス.


あともう一つ.
花鳥風月NMヴルパングェ.

これは少人数討伐の関係で詩で参加したので
シェルラもバエアロラも試す事が出来ていないのですが
この敵にも有効な気がします.

ノックバックのあるウィンドシアーが注意とされていますが
風属性攻撃のクロスウィンドやイルウィンドもなかなかのダメージです.
特にクロスウィンドは,見事にタル忍さんが即死させられていましたし・・・・・・.

結構いい感じに被ダメを減らせられるんじゃないかな~.


カンパニエとかでも,
難易度=理不尽なダメージの傾向があるような気がしますし
なんのかんので有効な場面は多いかもしれませんね.


白魔のメリポについては前々から言っている通り
こうメリポを振るのがベストっという結論はなく
それぞれの環境で自分の動きやすい選択をしていくのがいいと思いますし
そこで悩むことを楽しんで欲しいと思います.
[PR]
by A_she | 2008-10-06 21:33 | Docendo discimus:白魔
Docendo discimus:続・バ系 効果時間
FFをやってるプレイヤーの大部分が気にも止めない
バ系 効果時間」の続きのお話.

前回は・・・・・・,

強化スキルを上げると効果時間は上がってるけど
細かい所は分からないや・・・・・・.

という,
しょーもない結論で終わってしまいましたので

今回は,それなりにまとめられるよう
測定結果の補足と,
白魔っぽい確認と,
効果時間計算式の仮説,
こんな3本立てで行こうかと思います.


■測定結果の補足
 前回測定した・・・・・・
 Lv75の白/学,赤/白,詩/白と,
 Lv37の学/白,Lv19の竜/白の10通りに,
 測定し忘れた白グリ未使用で装備を変えたLv75の白/学,
 Lv68~Lv75のナ/白の23通りを加えて
 合計33通りの測定結果になります.
 
 ナイトの装備変えは,
 裸で強化スキル+0
 AF脚のみで強化スキル+5
 強化トルクで強化スキル+7
 両方組み合わせて+12
 以上,4通り.

 ナイトはレベルが上がると
 強化スキルが+2(Lv61以上)されていくので
 重複している所もあります.

 こんな風にナイトのレベルが上がる度に測定してたから,
 前回から今回まで時間が経っちゃっただけで
 さ,サボってた訳じゃないんだからねっ

 測定方法は,前回と同様に
 バ系のアイコンが画面に出てから消えるまでを
 ストップウォッチで手動測定です.
 なので,精度に難があるのはご了承ください.
 ±1くらいの範囲内には入ってるかと思うのですが・・・・・・.

 結果は以下のような感じ.
 今回は強化スキルと効果時間の他に,耐性値と
 効果時間の秒表示を加えてみました.
 秒表示に関しては,内部計算で使われてるのは秒単位だろうし
 傾向を読むにはいいかなっという判断です.
 
 e0090613_242718.jpg









































 強化スキルが上がる事によって,
 効果時間が延びるという結果は変化なし.
 新しく言えることは,
 ナイトで測定した強化スキル199~213までの範囲で見て取れるように
 耐性値の上昇自体は,効果時間の延長に関係は無さそう.
 という点でしょうか.
 
■白魔っぽい確認
 バ系の耐性値に関しては,
 クレリクパンタロンを装備することで
 赤魔を超えることのできる白魔ですが・・・・・・効果時間では?
 
 装備:強化トルク,白AF2足,白AF2脚
 強化スキル:273(白グリ有り)

 結果:変化なしっ

 ま・・・・・・測定の傾向から見て,
 効果時間についてはダメなんだろうな~・・・・・・と思ってましたが

 こう変わらないっていうのも寂しいものです…….

■効果時間計算式の仮説
 
  まず,この項目で大切なこと.
 
  効果時間に関しては,画面に数字が表示されることがなく
  手動で実測するしかありません.
  (メモリを読むとか,そんな方法もあるのかもしれませんが)
  測定結果は目安になる程度のものと考えてください.
  で,その目安を元に,こんな感じかな~っと
  考えた計算式の正確性なんてあったもんじゃありません.

  そもそも効果時間が何秒伸びたから,
  どうこうという事でもありませんし話半分で.w
 
 

 測定結果の傾向を見てみると,
 強化スキル263→266と
 3つ上がっても,2秒しか延長していない所など
 強化スキル+1で1秒延長という考え方では
 計算出来ない部分がいくつか存在します.

 仮に強化スキル+1で1秒延長として
 測定値から考えてみると
 測定値の最大値である強化スキル278,効果時間231秒(3分51秒)から
 効果時間が150秒(2分30秒)になるステップ数を考えると
 
 231-150=81

 このステップ数から強化スキルの段階を考えると

 278-81=197

 つまり,強化スキル197の時点で効果時間150秒になっていないといけません.

 とすると,
 何か計算式で効果時間は算出されている可能性も考えられます.
 
 
とりあえず,把握出来ている数字は,
 強化スキルと,それに対応する効果時間,
 それと最低効果時間150秒の3つ.

 まずは,効果時間の伸び率を出してみることに

 強化スキル278の時の効果時間231秒.
 伸び率は, 
 231÷150=1.54

 強化スキル273の時の効果時間226秒.
 伸び率は,
 226÷150=1.50666・・・

 強化スキル266の時の効果時間221秒.
 伸び率は,
 221÷150=1.47333・・・

 同じような関係が,強化スキルにも適用されていれば
 効果時間150秒の時の強化スキル
 つまり,延長時間+0の強化スキルが求められるかも.

 278÷1.54=180.5194・・・
 273÷1.50666=181.195・・・
 266÷1.47333=180.543・・・

 どの結果も180付近になる模様です.

 ちょっとばかり強引ですが
 キリのいい強化スキル180を基準としてみます.

 強化スキル180で効果時間+0,効果時間150.
 強化スキルが上がった分,効果時間も同じ割合で上がる.
 つまり・・・・・・こんな式になる可能性があるのかな.

 効果時間(sec)=150(sec)×(強化スキル/180)

 例によって,小数点以下切り捨てがあるとすると

 効果時間(sec)=INT(150×(強化スキル/180))

 この式で計算した結果と
 測定した結果,測定してない強化スキルの仮定値を表にまとめてみます.

e0090613_2455036.jpg




































































































 黒字が測定結果.
 青字が未測定の強化スキルと,その耐性値.
 赤字が未測定の値から大体この位かな?っと仮に振った効果時間.
 茶色字が計算結果になります.

 青字,赤字は全体の推移がなんとなく分かればいいかな程度の扱いです.

 あと,強化スキル179の所は,INT(150×(179/180))されているので
 最低値以下の数字になってますが,
 ≧強化スキル180という条件だとすれば除外対象.
 とりあえず,入れてみましたがスルーしてください.

 見て頂ければいいのは,黒字と茶色.
 強化スキル218の所で3秒の差が出てしまってますが
 ほぼ傾向に乗れたような結果になりました.

 最初にも書いた通り,計算式を出す為に必要な効果時間が
 正確に測定出来ないことと,
 そもそもホントに強化スキル180くらいから延長されるのか
 一番重要な所が不明っていうのが・・・・・・.
 
 一応,近い値にはなってるから参考式くらいの扱いになりますかねぇ.
 
 効果時間計算式(仮)
  強化スキル180以上の場合
  効果時間(sec)=INT(150×(強化スキル/180))
  ※180未満は150秒(2分30秒)で固定

 とりあえず,こんな感じっ

強化スキル180付近の確認が取れない限り
間違っても用語辞典とかに書いちゃダメだぞっ 
[PR]
by A_she | 2008-08-21 03:00 | Docendo discimus:白魔
Docendo discimus:バ系 効果時間

久々のDocendo discimus:白魔導士.
今回は,強化スキルとバ系の効果時間のお話です.


ジョブ戦術攻略板の白魔スレを眺めていたら,

 テンプレwikiの属性耐性バ系の効果時間が2分30秒になってますが
 今は強化魔法スキルで効果時間が延長されてます。
 適当に強化魔法スキルブーストして3分40秒超えたとこまでは確認。

という書き込みがありました.

そういえば,確かに
低レベルでミミズを狩る時なんかでバストンラを使った時に,
白魔でやる時よりも効果時間が短いな~っと感じた時があったかも.

ということで,確かめてみました.

正確な効果時間の測定方法が,ちょっと分からなかったので,
効果のアイコンが表示されてから,消えるまでの時間を
ストップウォッチを使って測定しました.

なので,若干のずれがあるかもです.

条件は,白魔だけだと測定出来るサンプルが少ないので
白よりも強化スキルが高い赤や,
強化スキルの持ってない詩人,
サポレベルの学者,低レベルの竜騎士などでも測定してみました.

結果は以下の通り.


e0090613_1538694.gif











……なんで白グリ未使用で装備を変えた白魔のデータを
取り忘れてるんだろう…….
ま,それはとりあえず置いておいて…….
(開始も終了も遅い時間だったから,ゆるしてー)

スキル112以下の効果時間を見る限り,最低2分30秒の効果時間.
この結果では不明ですが,ある程度のスキルを超えてくると
効果時間が伸びていく模様ですね.

効果の延長具合を見てみると,
スキル1で1秒?なんて思うところもありましたが
手動測定の誤差を考えても,それは無さそうかな.

効果時間の増加量については,いい測定方法や,情報が出てきたら
また確認してみましょ.


いろいろと効果が反映されやすい強化スキルですが
また,もう一つ上げる意味合いを見つけられたという所でしょうか.

バ系の効果時間が伸びたからって,なんぼのもんじゃい
という話もあるわけですが……
しっかり時間を把握していれば,危険地帯に入るリスクが減る事になりますし
まったく無意味っていうことはないかと思うんですよ.うん.
[PR]
by A_she | 2008-07-09 17:04 | Docendo discimus:白魔
Docendo discimus:魔法防御力実測検証 その2,結果

※実測データは,魔法防御力実測検証 その1を参照のこと
※06/12/08:ちょっとデータ追加
※08/01/29:文面とか見直し.

実測したデータの検証を行う前に
取っ掛りとなる現在過程されている魔法のダメージの計算式を確認.

 実際の魔法ダメ=(基本魔法ダメ×魔法攻撃力/魔法防御力)×魔法カット率

基本魔法ダメ:
精霊魔法の基本D値,INT関数,
レジストの有無,天候などから算出される数値.
今回は変動条件なしで実測しているので,
敵のレベル別,魔法別の固定値になります.

魔法攻撃力:
基本魔法攻撃力は100.
Fire Elementalに,魔法攻撃力UPが付いているか,いないかが
問題になってくる所でしょうか.

魔法防御力:
基本魔法防御力は100.
今回は測定を行ったキャラが白魔なので,
基本魔法防御力に白Lv70のジョブ特性
『魔法防御力アップ』の値(+16)が加算され,
基本魔法防御力は116.
また白魔のメリポカテゴリーの『属性耐性魔法効果』が
5段階までポイントを振っている為,
バ系を使った時の魔法防御力は+10され126になります.
出来れば,魔法防御力アップの特性が無いジョブでも
実測出来るといいんですが…….

魔法カット率:
主にシェルの効果が,これにあたります.
魔法カットは256分率で計算されていて
シェル4は,56/256の21.8%(0.21875)カットとされています.


ということで,次のような順番で確認して行きたいと思います.

検証1.魔法ダメージ計算式の確認.
 これは,基準となる計算式が
 本当にあっているか確認する為に行います.
 ここで矛盾が出ると,あとの検証は無駄ということで中止します.w

検証2.シェルラⅤの魔法カット率検証
 情報が錯綜しているシェルラⅤの魔法カット率を検証します.
 検証1の結果がしっかり出れば問題なく求められるはず.

検証3.ブレスドブリオー(属性耐性魔法能力アップ)の検証
 シェルラⅤ以上に情報が錯綜しているブレスドブリオーの
 属性耐性魔法能力アップの効果とは?
 魔法防御力に+5なのか,魔法カット+5%なのか.
 



■検証1:魔法ダメージ計算式の確認

 この確認をする為に用いるデータは,
 実測データ①(シェル:なし,ブレスド:なし,耐火:-75)と
 ④(シェル:Ⅳ,ブレスド:なし,耐火:-75)の組み合わせ.
 ①は,魔法防御力+n,魔法カット率共に無しの時のダメージ.
 ④は,①にシェルⅣをかけた時のダメージ.
 
 ①のダメージは,冒頭の『魔法のダメージの計算式』でいうと
 (基本魔法ダメ×魔法攻撃力/魔法防御力)の部分になります.
 つまり,①のデータにシェルⅣの魔法カット率をかけた値が
 ④のデータと等しくなれば,『魔法のダメージの計算式』は
 問題ないことが分かります.

 それでは,①のデータにシェルⅣのカット率21.8%をかけて見ましょう.
 まずは,①のつよエレからファイアⅣを受けた場合.
 被ダメージは,584ダメージなので,
 
 int(584×(1-0.218))=int(456.688)=456 ダメージ.

 この結果は,
 ④のつよエレからファイアⅣを受けた時のダメージと等しくなります.
 
 しかし,つよエレからファイガⅢを受けた時のダメージを
 上記の式に則って計算すると,

 int(705×(1-0.218))=int(551.31)=551 ダメージ.

 この結果の場合,④のシェルⅣをかけた状態で,つよエレから
 ファイガⅢを受けた時のダメージ(550ダメージ)よりも
 1ダメージ差が出る事になります.

 シェルの魔法カット率は,元々256分率計算であることから考えると
 0.218(21.8%)で計算するのではなく,
 56/256=0.21875で計算すれば,より正確な値を求められます.
 
 計算した結果を下記の表にまとめてみました.

 
e0090613_21491656.jpg










 0.2187ないし,0.21875で計算を行えば
 差異が発生しないことがわかりました.
 また,他の
 ②(シェル:なし,ブレスド:なし,耐火+43)と⑤(シェル:Ⅳ,ブレスド:なし,耐火+43),
 ③(シェル:なし,ブレスド:あり,耐火:+45)と⑥(シェル:Ⅳ,ブレスド:あり,耐火:+45)
 の組み合わせでも,同様の結果が得られました.
 
 以上のことから,
 魔法ダメージ計算式に問題ないことが分かりました.
 

■検証2:シェルラ5(第一段階)の魔法カット率

 検証1より,魔法カット率の計算式は妥当であることが分かった為,
 その式と実測データより,シェルラ5(第一段階)の魔法カット率を
 求めて行きたいと思います.
 
 魔法ダメージの計算式に,実測値を代入して魔法カット率を逆算します.

 ①(シェル:なし,ブレスド:なし,耐火:-75)の
 魔法防御力+n,魔法カット率共に無しの時のダメージは,
 上記の式の『(基本魔法ダメ×魔法攻撃力/魔法防御力)』の値と同等となり
 ⑦(シェル:V(第一段階),ブレスドなし,耐火:-75)の
 ①にシェルラⅤのみをかけたときの被ダメージが,
 上記の式の『実際の魔法ダメ』となります.
 
 例として,
 つよエレからファイアⅣを受けた場合のダメージを代入してみます.
 実測値①=(基本魔法ダメ×魔法攻撃力/魔法防御力)=584ダメージ
 実測値⑦=実際の魔法ダメ=442ダメージ
 
 442=584×(1-x)
 x=1-(442/584)
 x=0.243151

 上記のように計算した結果を以下の表にまとめました.

 e0090613_21523236.jpg







 とてエレのファイアⅣが0.244という結果になった以外は,
 0.243という結果になりました.

 これで,シェルラⅤの魔法カット率は24.3%だよっ
 というのは,いささか早計な感じなので確認の計算を行って行きます.

 まず,上の計算で求められた0.243と0.244を256分率に直してみます.

 A/256=0.243
 A=0.243×256
 A=62.208
 
 B/256=0.244
 B=0.244×256
 B=62.464

 2つの結果ともに,約62という値になりました.
 とりあえず,
 シェルラ5の魔法カットを62/256=0.2421875(24.2%)と過程して
 検証1と同じ方法で計算を行い,下記の表にまとめてみました.

 e0090613_2155031.jpg












 このような結果となりました.
 シェルⅣの計算結果とほぼ同じ形になっていますし
 それぞれ違う魔法から同じカット率が導き出されていることから
 シェルラⅤの魔法カット率は,62/256(24.2%)であるといえるでしょう.

 ※以下,06/12/08追加分

 ちなみに,シェルラV(第一段階)のカット率として
 よく使われている60/256(23.4%)で計算した場合は
 下記のようになります.

e0090613_10451680.jpg 










 黄色のセルが,実測値と計算値の差異が出ている部分になります.
 つよエレフレアと,とてエレファイアⅣを除く
 結果において,大きな差異を確認する事が出来ました.
 
 この結果を見ると
 ざっくりと計算する時に使う0.234で計算した結果の差異が小さいので,
 60/256じゃないかという意見が一般的になったのかもしれません.

 一応,結論は出ていますが,この結果から
 62/256(24.2%)の確実性は上がったといえるでしょう.

 ※06/12/08追加分いじょ

■検証3:ブレスドブリオー(属性耐性魔法能力アップ)の検証

 ブレスドブリオーの持っている『属性耐性魔法能力アップ』の性能は
 魔法防御力に+5なのか,魔法カット+5%なのか.
 色々と情報が錯綜しています.
 ※08/01/29追加分
 1年も経つと,魔法防御+5になってきてるみたいですね.
 ※08/01/29追加分いじょー
 
 今回は,バファイラ(メリポ効果付き)のみと,
 ブレスドブリオーを着た状態でバファイラ(メリポ効果付き)した場合に
 火属性の魔法を受けた時のダメージ差から
 ブレスドブリオーの『属性耐性魔法能力アップ』の性能を検証してみます.

 ・魔法カット+5%と過程した場合
 
  属性耐性魔法能力アップの効果が,魔法カット+5%だった場合,
  ③(シェル:なし,ブレスド:あり,耐火:+45)のブレスドを着た状態で
  バファイラを使った時のダメージは
  ②(シェル:なし,ブレスド:なし,耐火+43)のバファイラのみのダメージよりも
  5%低いはず.
  
  ②のバファイラのみの状態で,
  つよエレからファイアⅣを受けた場合のダメージは538ダメージ.
  このダメージから,5%カットされたダメージを計算してみると
  
  int(538×(1-0.05))=int(511.1)=511

  しかし,実測した③のダメージは,517ダメージ.
  
  つよエレのファイガⅢ,フレア,とてエレの3種
  それぞれについて,同様に計算したものを下記の表にまとめます.

  e0090613_21564819.jpg








  5%カットであれば,int(①×0.21875)の値になるわけで
  それが③の実測値にならないということは,
  ブレスドブリオーの『属性耐性魔法能力アップ』は魔法カット+5%ではない.
  または,もっと低い効果であることが分かりました.


 ・魔法防御力に+5と過程した場合.
  
  とりあえず,魔法カット+5%の可能性はなくなったので
  魔法防御力に+5と過程した場合を考えてみます.

  魔法防御力の話になると,
  いままで実測データで固定してきた(基本魔法ダメ×魔法攻撃力/魔法防御力)
  の部分から,基本魔法ダメを逆算しなければいけません.
  
  ①のつよエレからファイアⅣを受けた場合のダメージから
  基本魔法ダメを求めたいと思います.

  (基本魔法ダメ×魔法攻撃力/魔法防御力)=584
  
  これが基本式となり,
  魔法攻撃力は,火エレに魔法攻撃力+が無いと想定して100.
  魔法防御力は,基本値の100に,
  白魔導士のジョブ特性『魔法防御力アップ』の+16を足して116.
  とします.
  
  (基本魔法ダメ×100/116)=584
  
  となり,計算すると
  
  つよエレ,ファイアⅣの基本魔法ダメ=677.44

  この求められた基本魔法ダメを使って,
  ②のメリポによる魔法防御+10が導けるか計算してみます.
  以下の式の結果が,116+10=126になっていればOK.

  (677.44×100/魔法防御力)=538
  魔法防御力=67744/538
  魔法防御力=125.9182156…

  魔法防御力,約126.
  若干誤差がありますが,実測値に切り捨てが発生しているので
  あっているものとして進めます.

  ③のブレスドを着た状態でバファイラを使った時のダメージ517を
  上記の式に当てはめて計算して見ます.

  (677.44×100/魔法防御力)=517
  魔法防御力=67744/517
  魔法防御力=131.032882011…

  魔法防御力,約131.
  この値から,②の実測値から求められた魔法防御力126との差を求めると
  
  131-126=5

  この結果からブレスドブリオーを着て,バファイラを唱えると
  魔法防御力+5の効果があることが確認できました.

  では,他の条件で同じように魔法防御力がどうなっているか
  計算し,下記の表にまとめてみました.
  
  e0090613_21585447.jpg






  全ての条件において,魔法防御力131,つまり魔法防御力+5を
  確認することができました.
  
  しかし,
  「でも,性能は情報より低いけど魔法カットであることも考えられるんじゃ?」
  という人もいるかもしれないので
  ②のバライラのみ魔法防御+10,耐火+43の時の被ダメが,
  ③のブレスドを着た状態でバファイラを使った時の被ダメになる魔法カットを
  計算して,下記の表にまとめてみました.

  e0090613_221737.jpg







  魔法カット率は256分率で計算されることから考えると
  ②→③のダメージ減少は,考えられなそうです.
  つまり,
  ブレスドブリオーの『属性耐性魔法能力アップ』は
  魔法カット率+5%ではなく,魔法防御力に+5であるといえます.
 



■まとめ
 
 ・魔法のダメージの計算式は

  実際の魔法ダメ=(基本魔法ダメ×魔法攻撃力/魔法防御力)×魔法カット率

  で,間違い無さそう.

  
 ・シェルラ5(第一段階)の魔法カット率は

  62/256(24.2%)


 ・ブレスドブリオーの属性耐性魔法能力アップとは

  魔法防御力に+5


 という結果になりました.
 

いままで書いてたことは間違いだらけでしたねぇ.
自分でやらないとダメってことでしょうか.

とりあえず,ブレスドの検証に関しては
持って行き方が微妙ですねぇ…….
気が向いたら書き直します.前の記事も含めて…….orz


計算などで,ここはこうじゃね?という意見があれば
よろしくお願いしますー.
[PR]
by A_she | 2006-12-06 22:10 | Docendo discimus:白魔
Docendo discimus:魔法防御力実測検証 その1,実測したデータと覚え書き
※06/12/06:バ系のみの情報追加
※06/12/06:ページ移動させました.
※08/01/29:少し文章を修正.

とりあえず実測は終わったので,
今回は,その結果と覚え書きだけしておきます.
……
実際は,ちょっと計算してみたら,
しっかりした結果が得られなかったので
少し時間が欲しいだけだったりするんですが.w

以下が検証した条件になります.

■検証条件
 場所:ル・オンの庭(K-8)
 敵 :Fire Elemental 
    Lv78(つよい相手),Lv79(とてもつよい相手)
 自 :ヒュムLv75白/黒
    INT 64+8
    耐火  -75 or +45(+45時は魔法防御力+10)
 曜日:火,水曜日以外に実施.
 天候:晴or風

理由こもごもはあるのですが,庭のエレを対象に行いました.
結果的に,レベル差が安定している敵だったので好都合でしたね.

ダメージを受けてみた自キャラは,
ヒュム♀の白魔導士Lv75,サポは黒魔.
装備にダメージカット系のものは無し.
該当するシェルとバ系以外,強化魔法も無し.あとリレイズ.
HP量の問題と,レジストすると面倒なのでボムQの指輪を装備.
なので,バファイラを唱えていない状態だと,耐火が-75に.
バファイラを唱えた場合にも,ボムQの指輪を装備しているので
耐火+45程度になっています.
また,メリポの白魔カテゴリにある『属性耐性魔法効果』5段階の影響で
バファイラを唱えた場合は,魔法防御力に+10されています.

曜日は,火属性の魔法に影響がある火曜日と水曜日は避けました.
天気は,風が吹いていても影響がないので考慮せず.

■魔法のダメージについて
いままで魔法の被ダメージは,
ある程度ぶれるものだと思っていたのですが
実際に確かめてみると,天候や曜日の影響がなければ
一定値だったことにビックリしました.
(そんなことも知らなかったのかとか言われそうですが……)
つまり,
つよ(Lv78)の火エレからフレアで550ダメージを受けたとすると
天候や曜日など変化する条件がなければ,
何度受けても,1ダメージも変動することなく550ダメージです.

数字を収束させないといけないんですよね……っと思っていた
ここが一番不安な部分だったのですが,
ちょっと安心しましたね.


実測データを下記します.
1回しか受けて(測定して)ないものもあれば,
10回以上受けて(測定して)いる魔法もあります.
上に書いたように,
ダメージに変動がないので1つだけ上げます.

■実測データ.
①シェル:なし,ブレスド:なし,耐火:-75
 ・つよエレ
  ファイア4 584 ダメージ
  ファイガ3 705 ダメージ
  フレア   795 ダメージ
 
 ・とてエレ
  ファイア4 591 ダメージ
  ファイガ3 711 ダメージ
  フレア   802 ダメージ

②シェル:なし,ブレスド:なし,耐火+43
 ・つよエレ
  ファイア4 538 ダメージ
  ファイガ3 649 ダメージ
  フレア   732 ダメージ

 ・とてエレ
  ファイア4 544 ダメージ
  ファイガ3 654 ダメージ
  フレア   738 ダメージ

③シェル:なし,ブレスド:あり,耐火:+45
 ・つよエレ
  ファイア4 517 ダメージ
  ファイガ3 624 ダメージ
  フレア   704 ダメージ
 
 ・とてエレ
  ファイア4 523 ダメージ
  ファイガ3 629 ダメージ
  フレア   710 ダメージ

④シェル:Ⅳ,ブレスド:なし,耐火:-75
 ・つよエレ
  ファイア4 456 ダメージ
  ファイガ3 550 ダメージ
  フレア   621 ダメージ

 ・とてエレ
  ファイア4 461 ダメージ
  ファイガ3 555 ダメージ
  フレア   626 ダメージ

⑤シェル:Ⅳ,ブレスド:なし,耐火+43
 ・つよエレ
  ファイア4 420 ダメージ
  ファイガ3 507 ダメージ
  フレア   571 ダメージ

 ・とてエレ
  ファイア4 425 ダメージ
  ファイガ3 510 ダメージ
  フレア   576 ダメージ

⑥シェル:Ⅳ,ブレスド:あり,耐火:+45
 ・つよエレ
  ファイア4 403 ダメージ
  ファイガ3 487 ダメージ
  フレア   550 ダメージ

 ・とてエレ
  ファイア4 408 ダメージ
  ファイガ3 491 ダメージ
  フレア   554 ダメージ

⑦シェル:V(第一段階),ブレスドなし,耐火:-75
 ・つよエレ
  ファイア4 442 ダメージ
  ファイガ3 534 ダメージ
  フレア   602 ダメージ

 ・とてエレ
  ファイア4 447 ダメージ
  ファイガ3 538 ダメージ
  フレア   607 ダメージ

⑧シェル:V(第一段階),ブレスドなし,耐火:+43
 ・つよエレ
  ファイア4 407 ダメージ
  ファイガ3 491 ダメージ
  フレア   554 ダメージ

 ・とてエレ
  ファイア4 412 ダメージ
  ファイガ3 495 ダメージ
  フレア   ---(未測定)

⑨シェル:V(第一段階),ブレスドあり,耐火:+45
 ・つよエレ
  ファイア4 391 ダメージ
  ファイガ3 472 ダメージ
  フレア   533 ダメージ

 ・とてエレ
  ファイア4 396 ダメージ
  ファイガ3 476 ダメージ
  フレア   538 ダメージ

このような結果になりました.
全体的にダメージの推移が出ているので,
レジストしたものをカウントしていることは無いと思います.
レジストすると,はっきりダメージが減るのが分かりますしね.

これらのテータから導き出せるものを
ざっくりと考えると……

A.シェルⅣをベースにした魔法防御計算式の確認
B.ブレストブリオーの効果
C.シェルラV(第1段階目)の魔法カット率.

この3つかな?
これらについては宿題ということで.
[PR]
by A_she | 2006-12-06 10:00 | Docendo discimus:白魔
番外:すっかり忘れてたこと.
メリポの属性耐性魔法効果アップのことを
すっかり忘れてました…….
5段階フルにポイント振ってるっていうのに…….


ドウリデ,バファイラ ツカッタトキノ ヒダメージ ガ スクナイ ワケデスヨネ…….


ブレスドブリオーを着ないでバファイラを使った時のデータ取ってきます~.

 空|  入...ハヤク ショートカット デキルヨウニ ナレバ イイネ
[PR]
by A_she | 2006-12-05 17:14 | Docendo discimus:白魔
Docendo discimus:リキャストについて
※ちょっと,まとまりがないので大幅に改定するかも.
※11/02/15:申し訳ありません.記載内容が間違っている可能性があります.

このBlogの公開前に書こうと思って
温めて,温めて……すっかり忘れてしまっていた,温めた.
ヘイスト,ファストリキャストによるリキャスト時間減少について
今回は書こうと思います.
というか,情報が出てから1年経っちゃいました.

この情報元は,
FF11ジョブ・戦術攻略情報板』の赤魔と検証スレです.
ヘイストでリキャストが減少する事自体は,
それ以前から,空蝉のこともあり周知ではあったのですが
細かく検証されたのは,これが始めてかと.
目から鱗が落ちる気持ちで読んだ記憶があります.

検証された結果は,以下のような感じ.

①キャスト時間ではなく,リキャスト時間
②ファストリキャストは,1で5%、2で8%、3で10%
③ファストキャストとヘイストは別枠
④ファストキャスト効果アップ状態の計算を,
 10%+5%+5%などではなく20%と考える
 ※ヘイスト装備は「ヘイスト+○%」表記なのに対し,
  ファストキャストは「効果アップ」のため
⑤基本計算は,512分率に基づく.
 5%=25(512*0.05),8%=40(512*0.08),
 10%=51,15%=76(512*0.15),20%=102
⑥リキャストは下記の式で求められる.
 RCx=int(RC0x(512-Σ装備ヘイスト)-Σ魔法ヘイスト)/512x(512-ΣFC効果)/512)
 ※RCx=短縮されたリキャスト時間,RC0=魔法毎に設定されているリキャスト時間
 ※Σ装備ヘイスト=512×ヘイスト値
 ※intは,Execlなどにある「引数に指定した値の整数部分に最も近い値を求める」関数です.
  簡単に数値を最も近い整数に切り捨てるものと考えて下さい.

このままだと,×512が式がごちゃごちゃしているので
簡単にすると,下記のようになります.

RCx=RC0×(1-Σヘイスト値)×(1-ΣFC効果値)
※ヘイスト値とFC効果値は,5%なら0.05を代入して計算



さて,これでリキャストの軽減計算は分かりました.
それでは白魔的に,考えて行きましょう.

白魔とリキャストの関係は,かなり強いように思えます.
パラナやサイレナのように,キャスト1sec,リキャスト5secの魔法なら
それほど,ストレスを感じることなく使用することができますが
ブライナ,カーズナのように,キャスト3sec,リキャスト10secの魔法や
キャスト2.5sec,リキャスト15secのイレースなどを使用した時に
黄色いログが並んで「くわー」となった人は多いのではないでしょうか.
また,その他のケースを上げるとすれば,
前衛複数人へのヘイスト回しや,フラッシュのリキャストも
気になった人がいるのではないかと思います.


そうゆう状況を考えると,
リキャストを短縮できるヘイストとファストキャストの存在は,
白魔にとって大きいと言えるのではないでしょうか.

それでは,どの程度短縮出来るのかを表にしてみます.
ちなみに,ファストキャストまで含めると,分かり難いので
ヘイスト値のみを増やした表になります.

e0090613_17185268.jpg














サンプルとして出したのは,
ブライナなどのリキャスト10sec,イレースのリキャスト15sec,
ヘイストのリキャスト20secです.
縦軸は,ヘイスト+値のブースト値となります.

結果のそれぞれに計算値と表示値とありますが,
FF11では,小数点以下の数字は表示されない為,
このような表になりました.

そして,黄色でマーキングしてあるのが
主に表示値が切り替わるヘイスト+値になります.
それぞれの装備事情によりますが,
ヘイスト+装備をするなら+11%↑,+21%,+31%を
目指したらいいんじゃないかという目安にでもして下さい.

+13%,青色でマーキングしているのは,
私がよく装備している
ブレズド手脚とワラーラターバンの組み合わせ.
その下の+28%,水色でマーキングしているのは,
その装備をしてヘイストをかけた状態.
+13%で,約2~3sec.
+28%で,約3~6sec.
それぞれリキャストが短縮できることが分かります.
感覚的に言えば,
一呼吸から二呼吸早く詠唱可能になる感じです.

逆を言えば,その程度という感じかもしれませんが
ストレスなく白魔の仕事をするには
その一呼吸,二呼吸が大きいと思えるんですよね.

それに割合で短縮が行われるので
裏などでリキャストの長いレイズを
連続して使用しなければいけないような限定条件下では
この有無は大きかったりします.
※注意
衰弱中は,魔法のヘイストの効果は反映されず
装備のヘイストのみ反映されます.



今回は,基礎編というような感じに
ヘイスト+するとこの程度,リキャストが減るよ~
くらいで終わりにするとしましょう.

次回は,
リキャストの計算値と表示値の差について
実際に確認してから書いてみようかと思います.
[PR]
by A_she | 2006-11-15 10:44 | Docendo discimus:白魔