タグ:白魔導士 ( 62 ) タグの人気記事
どうなりますかー
エコーズや新武器、新WSなどなどに続いて
ジョブ調整についても告知がありましたねー。

さっと見た感じ踊り子の追加が多いかな。
戦士は更に強くなりそうな印象。
ナイトもアビ1つに特性2つ、ファランクス解禁で地味に強化かな。
フェンサーの取得レベルが戦士Lv45とかになってるのは
将来的にサポ戦に・・・という意図を感じなくもありません。w

そして、白魔はーっというと・・・
下に行くまで無いから、追加なしかと焦ってしまt

ジョブ特性に

 ディバインベニゾン 白Lv50
  状態異常を回復する魔法を短い時間で詠唱できる。
  さらに敵対心マイナスのボーナスを得る。

新魔法として

 ケアルVI 白Lv80
 プロテスV 白Lv76
 シェルV 白Lv76
 バアムネジラ 白Lv78

ふむふむ。
現状だと、どの程度かという所はありますが
悪くないんじゃないでしょうか。

ディバインベニゾンについては、リキャストにも効果が反映されるかどうか。
ケアルVIは、ケアルVの敵対心固定みたいに特殊効果があるのか。
プロシェルVの効果は、プロテアシェルラVでいうと何段階目の効果なのか。

この辺が気になるところですねー。

プロテスVに関しては、プロテアV1段と効果が変わらなければ
消してしまってデヴォ辺りに振り直すのも手な気がします。

よしよし、楽しみになってきましたよ。
しかしまー、薄々思ってはいたんですが
マクロ改版するのは、ちょっと早かったですね。

正直、ケアルVIが来るとは思ってませんでした.w
[PR]
by A_she | 2010-06-18 00:48 | FF11
白魔用マクロ改訂

ちょっと気が早いですが、
白魔用のマクロをサポ学Lv40に対応させてみました。
女神降臨の章の追加に合わせて、
その他の魔法や着替えマクロの見直しなどなど。
いままで使ってたマクロがVer.3としたら,Ver.3.1という感じかな。

『/macro set~』を使った着替えマクロ導入以降、
エスナやサクリ追加時に、しっかり作らなかったせいで
微妙に使い難い所があったのですが、だいぶ最適化出来たかと。
 
内容は省略しますが簡易的に書くとこんな感じ

Book1-10:状態回復,エスナ,レイズ,ヘイスト装備
Book1-01:ケアル,その他ヘイストなど使用頻度の多いもの,ヒーリング装備
Book1-02:バ系魔法,強化魔法,強化装備
Book1-03:弱体魔法,神聖魔法,ドレアス,弱体神聖MND装備
Book1-04:タゲ確認用/asマクロ,召喚系マクロ

以下,Book1-05~09は,装備変更(/macro set~の移動先)

戦術魔道書のマクロは10,1,2,3に、それぞれ盛り込まれてます。
一応,殴らない白魔汎用マクロとしてサポ黒赤学召暗に使用するので
召喚系とかが入っています。

前までのマクロには近接着替えとか含まれていましたが
装備が多くなりすぎて、共存はもう無理っ。
上のマクロに対応した装備に、食事やら薬品やらを持つと
鞄の空きが1~2枠に・・・。
リンバスで古銭集めるときなんて、
近接どころか弱体も切らないと流れてしまったりね・・・。
 
ほんと鞄の容量増ヤシテー。
[PR]
by A_she | 2010-06-09 21:05 | FF11
なるほどね~。

先日書いたケアルVでHP900回復する白さんの装備。
計算式とか分かれば逆算したりするのですが
どーもハッキリしたものが分からなかったので装備予想だけ。

武器と盾については、外見上メイスとタリカーを装備していまして
たぶん、この2つ。

テンプラーメイス
 D29 隔267
 MND+5 ケアル回復量+10% アンデッドキラー効果アップ Lv71~ 白ナ

ミューズタリカー
 防15 MND+7 CHR+7 詠唱中断率10%ダウン Lv74~ 戦白赤シナ獣侍

ケアル回復量+という点では,癒しの杖や光杖と同等ですが
MND値の差が癒しの杖とでは12,光杖HQとでは10。
(グリップを含めれば差は縮まりますが)

見えない部分では、特に首、背、腰あたりかな~。
正直な所、私は首はフェンリルだし,腰はヒエラキー
MNDのMの字も付いてません。
これらの部位でも10以上差があるかもしれませんね。

他の外見こそ,魔神+ノーブル+ブレスドでしたが
HQが混ざってれば、差は大きくなります。

更にメリポでMNDに振ってようなものなら・・・・・・

つまり,下手をするとMND値が30近く差がある可能性があると。
なるほどね~。
これだけ違えば50も差が出ても、おかしくない気がしてきます。
FFは積み重ねじゃね~。
[PR]
by A_she | 2009-09-08 17:09 | FF11
石夢クリアー
先週の話になるのですが追加クエ:石の見る夢を
クリアーしてきました。


最後のBCへ行くまでは、先々週末だったこともあって
少々取り合いがありましたが
星彩の欠片を取るのに1時間くらいかかった以外は
比較的順調に進めることが出来ました.

その後、最終BCの準備だけ済ませて、
数日放置していたのですが
いそいそと黒チョコボの羽根を加工していると
ナイズルメンバーのエル様に誘って頂けました。

突入の構成は
戦/?、侍/?、赤/暗、詩/白、白/学、コ65/白。

ちょっと前衛陣ののサポはど忘れ。
戦はサポ侍,お侍さんはサポ忍だったかな~。
あとコルセアさんがLv65だったのには
驚きましたがロールさえあればということだったのかな。


作戦は,
・戦が突入してボスを攻撃
・侍は途中にPOPするコピーの抜き&処理
・赤/暗はガ系にスタン(回復&リフレもなし)
・詩は補助+回復
・白はとにかく戦の回復
・コは、戦にカオス&ファイター,後衛にエボカー&スカラー

ボスの削りは戦のみ。
お侍さんはコピーを抜く時は投擲でしたし
ボスへの攻撃は無しでした。

他のメンバーの位置取りは,お侍さんも含めて
BCに入ったところの階段上から動かず。
(詩とコは、戦に補助しに近づきましたが)

[ボス 戦   階段 その他メンバー 入り口]

こんな感じの位置取り。
ボスにも戦にも、この位置から十分に魔法が届くので
赤白は動く必要なしでした。

この構成だとボスがしてくる魅了技(デファレンス)を
前に出ている戦が避けるのがポイント。

ボスのHPが半分くらいになると
範囲魔法ダメージ+ノックバック+追加効果:全ステータスダウンの
シードオブジャッジメントをしてきますが
攻撃を受けるのが戦のみですし、落ち着いて回復すれば問題なし。
白はソラス-サクリをジャッジを受けた戦にかけると
全ステータスダウン吸ってアイコンが素敵なことになるのですが・・・・・・

わざわざミゼリに切り替えてサクリしていた白がいたっ

うっわー・・・・・・ホント恥ずかしい。
なにやってるん?って話ですよ。
情けないったらありゃしない。

とりあえず、もう間違うことはないと思います。;;;;


一人白魔がポカをやらかしつつも
戦士さんは何度か経験しているのか、完璧に避けていましたし。
曰くログしか見てない赤さんはガを完封。
他のメンバーが、しっかり仕事をこなして勝利。

MPがきついといわれている白ですが
構成的にも恵まれたこともあって
枯渇することはありませんでした。
2回目のジャッジ後に一番凹んだ時でも250くらい残ってたかな。


戦闘時間は10分くらいだったでしょうか。



そして、報酬交換。
アスカルナイトな私だったらヌエボはアリなんじゃないかと
後ろ髪を引かれつつもロイヤルと交換。

能力の選択は・・・・・・攻+10,命中+10。

正直、面白みに欠ける選択ですが
WS用装備としては一品だと思うのですよ。


おっと、そういえば黒玉のカギも手に入れたのでした。
話によるとサファイアリング(MND+4 耐水+9)
にSTRが付いてるモノが手に入る時があるらしいじゃないですか。
属性リングとか、まだ揃えていない私には夢が広がります。


ハイポーション+3


はい。天晶堂にTreasure Casket置いた人
先生、怒らないから出てきなさい。
[PR]
by A_she | 2009-04-20 21:05 | クエスト
新アビ、新魔法の使用感

4/9のバージョンアップから一週間経ちました。
裏、海、空、BC、ソロと白魔の追加要素は大体試してみたので
その使用感でも書いてみます。

ちょっと数字とかは、書き込ますが
基本的には、細かい事は置いておいてーのスタンスです。


■ハートオブソラス
 バージョンアップ前に書いた通り
 「ソラス」の状態なら従来通りの動きのままで問題ないと思いますが
 想像以上に付与効果のストンスキンが悩ましいですね。w
 
 ・ケアルスキン
  せっかく付くものだし、できれば有効に使いたい
  付与スキンのカット量は回復量の25%のようなので
  できれば大ケアルで・・・・・・みたいな 
  そんな欲が判断を迷わせます。w
 
 ・バ系魔法防御+
  属性魔法防御力アップ値に関しては、
  数字としては前に書いた通り魔法防御に+5となかなかですが
  状況も限定されますし、ひじょーに地味な部分ですから実感は難しいかも。

 ・EXホーリー
  ケアルスキンの影響か、なんとなくMPの消費が多くなった気がして
  撃つタイミングを逸してることが多いのですが
  数字的には、ある意味一番実感できるかも。w
 
 ・サクリ
  ソラス中のサクリが、ある意味エスナっぽい。
  石夢のラスボスや、オメガの標的識別とかまとめて消せます(吸えます)。
  でも注意点は、イレース系のものと複数治療する為には
  「ハートオブミゼリ」に切り替えてエスナじゃないとダメなこと。
  あと私の場合、ミゼリ-サクリでイレース系の吸えると勘違いしてて
  ひどく恥ずかしい思いをしてしまいました。
  注意だぞっ。

■ハートオブミゼリ
 ソロ用になるかなーと思っていたところもあるのですが
 他のメンバーと一緒に殴る時や、範囲状態異常がある敵を相手にする時には有効で
 仕様を十分に理解した上で切り替えの判断が重要になってくると思います。
 
 ・オースピス
  ミゼリ中に限らず、ソラス中にもモクシャ+の効果はあるので
  前衛メンバーにかけておけば十分に効果はあります。
  ヘイスト回しのルーチンに組み込むと、かけ易いかも。

  ミゼリ中の場合、他のメンバーと一緒に殴る時
  特にエン系を使う人がいた場合は注意する必要があります。
  オースピスとエン系は、それぞれ上書きする関係になっている模様。
  オースピスの効果なしのログも見たことがあるので
  詳細は詰められていないのですが・・・・・・。
  とりあえず、オースピスは白自身以外のメンバーに対しては
  エンモクシャという扱いになっているみたいです。

 ・ケアルラ
  ボーナスを得た状態のケアルラは、たしかにMP効率も良いし
  悪くない・・・・・・のですが
  自分の被ダメージが前提条件なのは、地味に辛いところです。
  
  ボーナスを得ようとするとストンスキンが張れない。
  ストンスキンを張った状態から
  ボーナスを得られるようなダメージを受けた場合、
  他のメンバーの被ダメはケアルラの回復量だけでは追いつかない大ダメージ。
  結構ジレンマがあります。

  1度に回復させずに、ケアルガと合わせて使えば消費MP軽減にはなるのかな? 

 ・エスナ
  なんのかんので範囲状態異常回復は助かります。
  ただ上に書いたように、イレース系の状態異常回復の際には
  自分も状態異常にかかっているor
  ソラスの状態でサクリをする必要があるところがポイントになりますね。  

 ・EXバニシュ
  一度も有効に使えない、使えてないっ。
  直前の被ダメでボーナスというのが非常に厄介で
  ソロの時にはWSで大ダメージを受けたとしても、
  バニシュの詠唱中に通常攻撃で被ダメを受けたら
  低いボーナスで上書きされてしまう・・・・・・。
  パーティなら、ボーナス上書きはありませんが
  まず回復しちゃいますよーーーっ



追加された要素は、くせのあるものもありますが
優秀なものばかりです。
ただバニシュだけは・・・・・・
ミゼリのボーナスも累積にしてくれると有難いのですがー。  
  
[PR]
by A_she | 2009-04-17 13:49 | FF11
Docendo discimus:白魔導士 おしながき

Docendo discimusは,なんら目新しいことは書いていません.
主要なデータも探せば見つかるものばかりです.
しかし,私なりに解釈して書いているところもありますので
参考になるかもしれないし,ならないかもしれません.
何か思うところがあれば,意見を下さると幸いです.

01.ストンスキン:計算式,目安など
02.バ系:計算式
03.リジェネ:回復量,比較など
04.魔法防御力 基礎編:シェルの効果と,ジョブ特性
05.魔法防御力 応用編:属性耐性魔法効果など 
06.ヒーリングMP:クリアマインドや装備,ヒーリングマクロについて
07.デヴォーション&マーター:効果と使用感について
08.リキャストについて:その1 
09.魔法防御力実測検証 その1:実測したデータと覚え書き 
10.魔法防御力実測検証 その2:シェルラ5,ブレスドブリオー検証 
11.バ系:強化スキルと効果時間 
12.続・バ系:強化スキルと効果時間 
13.シェルラⅤ段階別カット率について 
14.ヒーラーアタイア 
15.「ハートオブソラス」効果中の属性魔法防御力アップ値 《New》


※ここを項目追加ごとに更新していけば
  カテゴリのリンクから飛んだとき一番上に来るはず。
[PR]
by A_she | 2009-04-10 02:08 | Docendo discimus:白魔
Docendo discimus:「ハートオブソラス」効果中の属性魔法防御力アップ値

2009/4/9のバージョンアップで白魔に大きな梃入れが行われました。
色々検証できることはあるのですが
いままで書いてきた記事の流れにそって

・属性耐性魔法
「ハートオブソラス」の効果中は、対応する属性魔法防御力がさらにアップするようになります。

という点に注目して確認をしてみましょう。


さて、条件ですが、
前に魔法防御の実測検証を行ったのと同じ条件で行いました。

■検証条件
 場所:ル・オンの庭(K-8)
 敵 :Fire Elemental 
    Lv79(とてもつよい相手)
 自 :ヒュムLv75白/黒
    INT 64+8
    耐火  -75 or +45(+45時は魔法防御力+10)
 曜日:火,水曜日以外に実施.
 天候:晴or風

 シェルラⅤ:5段階(27.344%)
 属性耐性魔法効果:5段階(魔法防御+10)


測定項目は、いままでのデータがありますので

①シェルラⅤのみ
②シェルラⅤ+バファイラ(魔法防御+10)
③シェルラⅤ+バファイラ(ソラス)

以上,3項目です.
確認した魔法は、とりあえず時間の関係でファイガⅢのみです。

実測結果はこちら↓

①シェルラⅤのみ:516ダメージ
②シェルラⅤ+バファイラ(魔法防御+10):475ダメージ
③シェルラⅤ+バファイラ(ソラス):457ダメージ

実際の魔法ダメ=(基本魔法ダメ×魔法攻撃力/魔法防御力)×魔法カット率

の式に当てはめて、基本魔法ダメを出して魔法防御力を求めます。

①シェルラⅤのみ
 516=基本魔法ダメ×100/116
 基本魔法ダメ=598.56

②シェルラⅤ+バファイラ(魔法防御+10)
 475=598.56×100/魔法防御力
 魔法防御力=59856/475=126.012→126

③シェルラⅤ+バファイラ(ソラス)
 457=598.56×100/魔法防御力
 魔法防御力=59856/457=130.9759→131


ここから、③シェルラⅤ+バファイラ(ソラス)と
②シェルラⅤ+バファイラ(魔法防御+10)の差が
「ハートオブソラス」効果中の属性魔法防御力アップ値になります。

131-126=5

ということで、
「ハートオブソラス」効果中にバ系を使用すると
魔法防御に+5されるということが分かりました。


FFは積み重ねといいますが
メリポの属性耐性魔法効果なし(魔法防御+10)、
ブレストブリオーの着替えなし(魔法防御+5)
「ハートオブソラス」なし(魔法防御+5)
でバ系を使った時と、限定的とはいえ差が開くようになりましたね~。
[PR]
by A_she | 2009-04-10 02:05 | Docendo discimus:白魔
白魔調整

改めて吟味してみることにしましょーか。

「ハートオブソラス」&「ハートオブミゼリ」ともに
パーティ時だけではなく、ソロ時でも有効な面がありそうですが
今回はパーティ時を中心に。

■単純に強化された項目
 
 「ハートオブソラス」を使っていれば恩恵が得られる・・・・・・
 つまり、後衛的な立ち回りとして、大きな変更がない項目。
 
 ・ケアル/ケアルII/ケアルIII/ケアルIV/ケアルV
  「ハートオブソラス」の効果中は、対象のPCに効果時間の短いストンスキンの効果を
  付与するようになります。
  追加効果として得られるストンスキンは、白魔法「ストンスキン」、
  契約の履行:験術「大地の守り」を上書きすることや、重ねがけすることはできません。

 ・属性耐性魔法(バファイラなど)
  「ハートオブソラス」の効果中は、対応する属性魔法防御力がさらにアップするようになります。

 と公式にあった通り、単純に効果+α、効果アップ。
 ケアルで付与されるストンスキンも、
 上書きをしないのであれば基本問題ないでしょう。
 効果中だと学者の範囲ストンスキンor青の金剛が
 「効果なし」になる可能性はなくはないですが・・・・・・。

 ま、でも。立ち回りにおいて、特別意識しないといけない部分は無いと思います。
 追加要素は、さっぱりだったという人は
 「ハートオブソラス」だけは忘れないことっ。
 そこからで良いと思います。


■単純に追加された項目

 これまでの後衛的な立ち回り自体に、単純に追加される項目. 

 ・オースピス(Lv55)
  範囲内にいるパーティメンバーの攻撃時の与TPを減らします。
  「ハートオブミゼリ」の効果を得ている白魔道士のみ、上記効果に加えて、
  初段のみ光の付加ダメージを与え、かつ攻撃をミスした際に、命中にボーナスを得ます。

 最初、白が前に出る為の魔法なんだなーっと認識してましたが
 文面を読む限り与TP減のモクシャ効果は「ハートオブミゼリ」は関係ないんですよね。
 つまりは前衛が殴る戦闘なら、常時使用していて問題ないと。
 そう考えると、ヘイスト回しなど、ルーチン的に行われている立ち回りに
 加わっていくものになると思います。

 ・ホーリー
  「ハートオブソラス」の効果中は、蓄積した回復量に応じてボーナスを得るようになります。
  使用後は蓄積した回復量がリセットされます。

 くらえっ!!トドメのホーリーっ!!!

 なんでしょ。このゲージ消費のEX技みたいな仕様は。w
 いままでネタ的に〆に撃つことがあったホーリーが本気モードになったとー。
 
 実際、蓄積のペースと得られるボーナスが、どの程度かに寄りますね。
 もしも考えている以上に大ダメージが与えられるとしても
 やっぱり消費MP100は多いかな~。
 
 ホーリーはオマケとして、オースピスの追加は白がパーティにいる意味を
 高めてくれる大きな追加だと思います.
 

■被ダメージ時の立ち回り
 
 ここからが単純にやるだけではなく、状況を見て判断する必要が出てくる項目。
「ハートオブミゼリ」の効果中にダメージを受ける事が前提条件ということで
 「ハートオブソラス」との切り替えの判断が重要になってきますね。
 
 ・ケアルラ(Lv40)
  範囲内にいるパーティメンバーのHPを回復します。
  「ハートオブミゼリ」の効果中は、直前に受けたダメージ量に応じて回復量にボーナスを得ます。
  使用後は記録された被ダメージ量がリセットされます。

 ケアル『ラ』なので自分中心の範囲魔法で
 青魔法のいやしの風のような範囲回復になると思います。
 
 ダメージ量に応じてのボーナスがどの程度か・・・・・・
 大回復が出来るとしてヘイト量がどの程度か・・・・・・
 MPの消費量はどの程度なのか・・・・・・
 その辺が気になる所ですね。
 
 Lv31で取得するケアルガ2が消費MP120で回復量約200。
 んーむ。どうなるかな~。

  
 ・バニシュ/バニシュII/バニシュIII/バニシュガ/バニシュガII
  「ハートオブミゼリ」の効果中は、直前に受けたダメージ量に応じて
  ダメージにボーナスを得るようになります。
  使用後は記録された被ダメージ量がリセットされます。

 最初、これってダメージ受けた回復優先だし使う状況があるのかな?と思ったのですが
 ダメージ量によるボーナスはケアルラかバニシュを使わない限り
 リセットされないようなのでケアルラ以外の回復手段を使えばリセットされることはありませんね。
 そう思って、次に想像したのが
 範囲攻撃でパーティメンバーにダメージ>ケアルガで大幅に回復
 >お返しでカウンターバニシュ>ケアルヘイト+ダメージヘイトでタゲ張り付き
 ダメじゃんっ
 そうそう、そうゆう状況にはならないと思いますが・・・・・・。w
 
 ホーリーと同様、バニシュの追加要素も現状ではオマケとして考えておきます。
 ケアルラの方ですが、正直な所、どの程度かの部分がハッキリしないと何とも言えない。
 ただ、高効率で大回復できるようなら敵の範囲攻撃圏内に止まっていいかもしれませんね。
 裏にいる微塵をしてくる忍者タイプとかだと事前に準備かしやすいそうです。

 
■状態異常回復
 
 遂に来たっ。印に依存しない範囲状態回復・・・・と言いたいところですが
 一番期待と不安が混ざってしまっている項目です。

 ・エスナ(Lv61)
  自身が受けている弱体効果1つを、範囲内にいるパーティメンバーを含んで回復します。
  「ハートオブミゼリ」の効果中は、回復する弱体効果の数や種類にボーナスを得ます。
 
 公式にあった文面を読む限り・・・・・・
 自分が状態異常を受けていることが前提?
 つまりは、魔法の詠唱自体が出来ない静寂や石化は、実質治療不可ということになるのかな・・・・・・。
 
 ・サクリファイス(Lv65)
  対象のPCが受けている弱体効果を1つ、自身に移し替えます。
  「ハートオブソラス」の効果中は、移し替える弱体効果の数や種類にボーナスを得ます。

 というものが合わせて追加されていることを考えれば
 「ソラス」状態からサクリで状態異常を移し変え、「ミゼリ」に切り替えエスナ。
 という流れを意図としてると予想できますが。
 んー、「ソラス」と「ミゼリ」の使用間隔1分の条件もあるし
 個別に状態異常回復とする手間と、
 離れた位置から近づいて、
 ソラス-サクリ>モードチェンジ:ミゼリ>ミゼリ-エスナする手間を
 比較すると、あまり現実的ではないのかも。
 前衛3後衛3のパーティだとして、その間に2人くらいは直せそうですし。
 
 「ハートオブソラス」と「ハートオブミゼリ」のモードチェンジは
 その都度の切り替えなどは考えずに
 前衛と離れた位置なら「ハートオブソラス」。
 前衛と敵の近い位置なら「ハートオブミゼリ」。
 あとは
 範囲静寂などをしてくるような敵なら「ハートオブソラス」で後方待機。
 イレースで直し切れないような範囲ステータスダウン系の
 状態異常をしてくる敵なら「ハートオブミゼリ」をして殴りに参加するもよし。
 
 というような使い分けをするのが正解かな?
 
 
■その他

 その他の項目

 ・白魔法「バニシュII」:魔法命中率をやや引き上げ、詠唱時間を3.75秒から2.5秒に短縮
 ・白魔法「バニシュIII」:魔法命中率をやや引き上げ、詠唱時間を5.5秒から3秒に短縮
 ・白魔法「バニシュガII」:魔法命中率をやや引き上げ

 詠唱時間3秒=ヘイストと同じ。
 早くはないけど、遅くもないレベルにはなったのかも。
 この修正は敵にも適用されるでしょうから、両手を上げて喜べないんですよねぇ・・・・・・。

 ・白魔法「レイズII」:消費MPを200から150に引き下げ、詠唱時間を20秒から14秒に短縮
 ・白魔法「レイズIII」:消費MPを250から150に引き下げ、詠唱時間を20秒から13秒に短縮
 
 ちなみにレイズⅠは消費MP150,詠唱時間15秒。
 これは嬉しいですねー。
 地味にMPのやり繰りを考えないといけない所でしたし。
 再詠唱時間も短縮してくれたら、
 泣く泣くレイズⅠ~Ⅱをすることも少なくなったのにな~。

 ・白魔法「リレイズ」:習得レベルを白Lv33からLv25、学Lv40からLv35に引き下げ
 ・白魔法「リレイズII」:習得レベルを白Lv60からLv56、学Lv75からLv70、消費MPを175から150に引き下げ、詠唱時間を8秒から7.5秒に短縮
 ・白魔法「リレイズIII」:習得レベルを白Lv75からLv70、消費MPを200から150に引き下げ、詠唱時間を8秒から7秒に短縮

 3年遅いっ
 レイズよりリレイズが後に覚えるというのは
 問題点として上げられてた事だったと思いますが、よーやくですね。
 サポ学でリレイズが可能になったようですし良い修正だと思います。

 でも、白75で覚えられる魔法がなくなってしまいましたし
 ここは1つ、もう1個くらい新魔法を・・・・・・。
 

 ・ジョブアビリティ「マーター」:射程距離をケアルと同じ長さに延長

 最大のネックだった部分が修正ですか
 これは格段に使いやすくなりますね~。
 


■ざっくりまとめ
 
 各追加項目の詳細は、実装されないと不明な点がありますが
 一番のポイントになる「ハートオブソラス」と「ハートオブミゼリ」の
 切り替えについては,
 敵を知り、己を知らば、百戦危うからずともいいますし
 いままで以上に敵の能力を把握して使い分けをしていくことになるでしょう。
 
 とりあえず、実質かばんが倍になる「モグサッチェル」の話で
 ジョブ調整の話なんて打ち消されそうです。w
 
[PR]
by A_she | 2009-03-31 19:12 | FF11
何が起こったかよく分からない

ジョブ調整について その1:白魔道士


分類わけだけ・・・・・・

■ハートオブソラス(Lv40 使用間隔:1分 効果時間:2時間)
 回復に特化し、回復を力とする。
 
 「ハートオブソラス」の効果中は、ケアル系およびジョブアビリティ「女神の祝福」、
 「マーター」により回復されたHPをレベルに応じた規定値まで蓄積し、
 蓄積した量に応じていくつかの魔法を詠唱した際にボーナスを得られるようになります。
 
 ・サクリファイス(Lv65)
  対象のPCが受けている弱体効果を1つ、自身に移し替えます。
  「ハートオブソラス」の効果中は、移し替える弱体効果の数や種類にボーナスを得ます。

 ・ケアル/ケアルII/ケアルIII/ケアルIV/ケアルV
  「ハートオブソラス」の効果中は、対象のPCに効果時間の短いストンスキンの効果を付与するようになります。
  追加効果として得られるストンスキンは、白魔法「ストンスキン」、
  契約の履行:験術「大地の守り」を上書きすることや、重ねがけすることはできません。

 ・属性耐性魔法(バファイラなど)
  「ハートオブソラス」の効果中は、対応する属性魔法防御力がさらにアップするようになります。

 ・ホーリー
  「ハートオブソラス」の効果中は、蓄積した回復量に応じてボーナスを得るようになります。
  使用後は蓄積した回復量がリセットされます。

 
■ハートオブミゼリ(Lv40 使用間隔:1分 効果時間:2時間)
 自身に対する禍を力に変える。

 「ハートオブミゼリ」の効果中は、直前に受けたダメージ量を記録し、いくつかの魔法を詠唱した際に、
 その量に応じたボーナスを得られるようになります。
 記録されたダメージ量がレベルに応じた規定値を上回っている場合、余剰分はカットされます。
 また、「ハートオブソラス」の効果と異なり、規定値を下回っていた場合でも加算されることはなく、
 常に上書きされていきます。

 ・ケアルラ(Lv40)
  範囲内にいるパーティメンバーのHPを回復します。
  「ハートオブミゼリ」の効果中は、直前に受けたダメージ量に応じて回復量にボーナスを得ます。
  使用後は記録された被ダメージ量がリセットされます。

 ・エスナ(Lv61)
  自身が受けている弱体効果1つを、範囲内にいるパーティメンバーを含んで回復します。
  「ハートオブミゼリ」の効果中は、回復する弱体効果の数や種類にボーナスを得ます。

 ・オースピス(Lv55)
  範囲内にいるパーティメンバーの攻撃時の与TPを減らします。
  「ハートオブミゼリ」の効果を得ている白魔道士のみ、上記効果に加えて、
  初段のみ光の付加ダメージを与え、かつ攻撃をミスした際に、命中にボーナスを得ます。

 ・バニシュ/バニシュII/バニシュIII/バニシュガ/バニシュガII
  「ハートオブミゼリ」の効果中は、直前に受けたダメージ量に応じてダメージにボーナスを得るようになります。
  使用後は記録された被ダメージ量がリセットされます。



■その他
 ・白魔法「バニシュII」:魔法命中率をやや引き上げ、詠唱時間を3.75秒から2.5秒に短縮
 ・白魔法「バニシュIII」:魔法命中率をやや引き上げ、詠唱時間を5.5秒から3秒に短縮
 ・白魔法「バニシュガII」:魔法命中率をやや引き上げ
 ・白魔法「レイズII」:消費MPを200から150に引き下げ、詠唱時間を20秒から14秒に短縮
 ・白魔法「レイズIII」:消費MPを250から150に引き下げ、詠唱時間を20秒から13秒に短縮
 ・白魔法「リレイズ」:習得レベルを白Lv33からLv25、学Lv40からLv35に引き下げ
 ・白魔法「リレイズII」:習得レベルを白Lv60からLv56、学Lv75からLv70、消費MPを175から150に引き下げ、詠唱時間を8秒から7.5秒に短縮
 ・白魔法「リレイズIII」:習得レベルを白Lv75からLv70、消費MPを200から150に引き下げ、詠唱時間を8秒から7秒に短縮
 ・ジョブアビリティ「マーター」:射程距離をケアルと同じ長さに延長



えーっと・・・?
この現実味の無さはなんだろう・・・?
んにゃんにゃ、実装前なんだから現実味が無いのは当たり前ですよね。

騙されてないかな?
大丈夫だよね?

えーっと、そうだ裏行こう。行かないと。
中身の吟味はまたあとでー。
[PR]
by A_she | 2009-03-26 19:59 | FF11
Docendo discimus:ヒーラーアタイア

ヒーラーアタイア。
言わずと知れた白魔AF一式。

それぞれ、それなりの能力を持っていますが
スキルが大きくブーストされる回復魔法は
さっぱり息をしてないし。
神聖魔法も弱体魔法も、ブースト面では優秀ですが
実はあんまり撃つ機会がなかったり。
敵対心-に関しては、
低レベルではクロウ、高レベルではエラント、ブレスドがあって
いまいち中途半端。

まだそれなりの難易度だった時代のPM「畏れよ、我を」(Lv60制限)では、
装備の最適化を行った結果、バミクロとクロウ装備の組み合わせに
なったりしましたからね~。

ま、状況によりけり必要なものは
変わってくるんですけどね。

そんなこんなで有効性は認めつつも
必要な状況になる数、かばん・倉庫の空き、
マクロの数、切り替える手間などを考慮した上で
落選、預けっぱなしになっていた次第です。


しかし、時代は変わりー

神聖魔法に関しては、リポーズが追加され
将来的にはバニシュとホーリーの調整も話に上がり。

弱体魔法に関しては、サポ学、白グリの調整があり
私的にも、その他装備が充実してきて見直しを図っても
いいタイミング。

マクロに関しては、数が増えたことに合わせて
Book、セット移行マクロが追加され
切り替えがやりやすくなりました。

またブーンが追加されたことにより、
攻撃用装備、WS装備を揃える意義も出てきました。


・・・・・・やっぱり回復魔法スキルが息をしてないっ


と、とりあえず回復スキルは置いておいて
それら色々な条件の変化、改善があって
ヒーラーアタイアの復帰→強化が決定した次第です。

ヒーラーブリオーとヒーラーパンタロンは、
弱体と神聖魔法のスペシャリストとして即マクロ登録。

 ヒーラーブリオー:防40 MP+15 耐風+10 弱体魔法スキル+10 敵対心-4
 HLブリオー+1 :防40 MP+35 弱体魔法スキル+12 敵対心-4 ヒーリングMP+5
        差:MP+20 弱体魔法スキル+2 ヒーリングMP+5 耐風-10

 ヒーラーパンタロン:防28 MP+15 VIT+3 神聖魔法スキル+15 敵対心-1
 HLパンタロン+1 :防28 MP+30 VIT+5 神聖魔法スキル+15 敵対心-2
         差:MP+15 VIT+2 敵対心-1

強化後も基本的なポジションは変わらず。
HLブリオー+1はヒーリング時にも。
通常装備から弱体神聖装備の切り替えは、
かなり最大MP量に差があるのでMP+増は地味に嬉しい所。

現状でも十分使えるこの2つは、強化順では第2グループ。


苺帽子ことヒーラーキャップとヒーラーミトンは、
強化前では、ちょっと力不足。

 ヒーラーキャップ:防21 MP+13 MND+4 耐闇+15 敵対心-1
 HLキャップ+1 :防21 MP+28 MND+7 敵対心-1 ヒーリングMP+1
        差:MP+15 MND+3 ヒーリングMP+1 耐闇-15

 ヒーラーミトン:防14 MP+10 STR+5 回復魔法スキル+15 敵対心-4
 HLミトン+1 :防14 MP+15 STR+7 MND+7 回復魔法スキル+15 敵対心-4
       差:MP+5 STR+2 MND+7

強化後この2つは強烈なステータスブースト装備に。
ヒーラーキャップは、頭装備では最高峰のMND+7。
ヘキサの時はボイジャーなどの方が良いかもしれませんが
MND補正の高いブーンなら、こちら「かも」。
サソリBCソロの白猫さんも使ってる信頼と実績の苺帽子です。
ヒーラーミトンは、ヘキサ、ブーンを撃つ時には
他の追随を許さない性能に。
回復スキルは(ry

強化順第1グループ。


ヒーラーダックビルは、すごく難しい。

 ヒーラーダックビル:防12 MP+10 AGI+3 詠唱中断率20%ダウン
 HLダックビル+1 :防12 MP+15 AGI+5 INT+5 詠唱中断率25%ダウン ヒーリングMP+1
         差:MP+5 AGI+2 INT+5 詠唱中断率ダウン+5% ヒーリングMP+1

目に付くのはヒーリングMP+1ですが、残念ながら既に過去のもの。

INT+5は白の足としては最高峰の性能ですが、
アスピルなどを使用する場合は、ナシラ足やゴリ足の方が……?

唯一生き残れそうな道は、詠唱中断率ダウンの所でしょうか。
実は詠唱中断率25%ダウンという数字は防具ではトップ。
(ナイト用ジョブピアスの潜在:詠唱中断率30%ダウン除く)
これをどう活かすかといった所でしょうか。

詠唱中断率ダウンは、昔は上げても意味無しと言われていましたが
調べてみると、100%まで上げればホントに中断されないという話ですし
最近では,ナイトのアイアンウィル5段階(詠唱中断率ダウン95%)+αで
詠唱中断されることは無いという動画検証も出てましたからね。
決して意味の無いものではないようです。
とはいえ、100%にしなければ中断はさせられてしまう訳で
何処で積み重ねて行くかがポイントになるでしょう。

詠唱中断率ダウン~%が付いている装備は、いくつかありますが
100%にするには防具だけでは足りませんので
アクアベールと併せて効果が発揮できるか?といった所でしょうか。

足装備の他の候補として強化スキルの上がるクレリクダックビルがあります。
強化スキルが直接効果に影響するスキン、ファラ、エンを唱える時は
クレリク足が有力な訳ですが
ソロで普通に詠唱中断させられてしまうレベルの強い敵と
戦っている状況下であれば,
クレリク足の強化スキル+10で得られるメリットよりも有効かもしれません。
(あくまでもアクアベールやメリポなどの詠唱中断ダウンと併用前提ですが)

強化して,いろいろ試したい感じがしますが
強化順位としては最後かな~。



AFを強化する為には,古銭とリンバス素材2種の他に
通常素材が必要になります.
初めて強化したAFは詩人腕だったのですが
詩人AF強化に必要な通常素材は、
頭に金糸、他の部位は有翼獅子のなめし革の2種類.
次に強化したナイトは3種類.

それに対して、白AFの強化に必要な素材は、
頭:エーテルコットン
胴:ホーリーレザー
腕:エーテルレザー
脚:レインボービロード
足:エーテルホリー
以上,5種類.

純粋に1つもかぶらないことにビックリ。
いろいろ設定を考えた上で、こうなったんだと思いますが
頭と脚は一緒でもいい気がするし
胴には革使ってなさそうだし
足は革製品のモカシンベースと考えれば
木の素材は使って無さそうだし
なんか腑に落ちない。

何が言いたいかというと
いざリンバス素材が揃って強化しようとしても
これらの通常素材が手に入らなくて涙目になりそうで
それが怖いー.
[PR]
by A_she | 2009-03-04 19:26 | Docendo discimus:白魔